WEEKLY 2022年7月31日号

FRBのハト派転換に賭けるのは時期尚早かつ自滅的

Bets on a Dovish Fed Pivot Are Premature and Self-Defeating.

「中立金利」発言に浮かれる市場への警告

リセッションでも株式・債券ともに上昇

Mandel Ngan/AFP/Getty Images
多くの投資家が、27日に米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長によるハト派的な政策への転換を耳にし、28日には米国経済がリセッション(景気後退)に入った証拠を目にしたようだ。だがいずれの議論も大局を見失っている。

客観的に見れば物価は高止まりしており、それが経済成長を阻害しているように見える。27日と28日の出来事に対する市場の反応を見ると、景気が今後さらに減速して、FRBが12月以降の利上げを中止するのに十分となり、2023年早々には利下げに転…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lisa Beilfuss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. The Stock Market Finally Understands What’s Coming
  2. Why the Dollar Could Be on Its Way to a Record Year
  3. Netflix and Disney+ to Wade in With Ads
  4. Short-Term Bonds Yield 4%. Why They Could Beat Cash.
  5. Bulls Get Scorched by FedEx. Don’t Expect The Fed to Help.
  6. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  7. Forget a Fed Pivot. Rates Will Stay High as Inflation Persists.
  8. Here Are the Top Independent Financial Advisors.
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Cathie Wood’s ARK Sees a Huge Jump in EV Sales Coming. Cost Is the Key.