WEEKLY 2022年8月14日号

弱気相場に安らかな眠りを。兆候は買い増しを指し示す

R.I.P., Bear Market. For Now, Signs Point to More Buying

サマーラリーは続き、好材料が並び、民主党にも追い風

インフレはピークアウト?

David Swanson/Reuters/Alamy
先週の株式市場はインフレ率が予想を下回ったことを好感し、S&P500指数は3.3%上昇し、4週続伸のサマーラリーとなった。その原動力は、インフレをめぐる明るいニュースである。7月の米消費者物価指数(CPI)は前月比でコンセンサス予想の0.2%上昇に対して横ばいとなった。前年同月比では依然として8.5%上昇しているが、投資家はインフレがピークに達し、年末には4%近くになる可能性があると見ているようだ。
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Andrew Bary
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. The Stock Market Finally Understands What’s Coming
  2. Why the Dollar Could Be on Its Way to a Record Year
  3. Netflix and Disney+ to Wade in With Ads
  4. Short-Term Bonds Yield 4%. Why They Could Beat Cash.
  5. Bulls Get Scorched by FedEx. Don’t Expect The Fed to Help.
  6. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  7. Forget a Fed Pivot. Rates Will Stay High as Inflation Persists.
  8. Here Are the Top Independent Financial Advisors.
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Cathie Wood’s ARK Sees a Huge Jump in EV Sales Coming. Cost Is the Key.