WEEKLY 2022年8月14日号

インフレは根強く構造的

Inflation Is Sticky, Structural and Hard to Solve. The Party is Premature.

勝利宣言は時期尚早

構造的要因でインフレが長期化

David Paul Morris/Bloomberg
7月のインフレ率が鈍化したことは、良い知らせであるが、多くのエコノミストや市場の反応が示すほど良い話ではない。

7月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比8.5%上昇した。40年ぶりの上昇率を記録した6月の9.1%から鈍化し、市場に明るいサプライズを与えた。さらに、卸売物価指数(PPI)が予想外に前月比で低下したことを受け、ついにインフレがピークに達したとの楽観的な見解が広がった。しかし、安心するのはまだ早い。その理由は、総合インフレ率が依然として…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lisa Beilfuss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. The Stock Market Finally Understands What’s Coming
  2. Why the Dollar Could Be on Its Way to a Record Year
  3. Netflix and Disney+ to Wade in With Ads
  4. Short-Term Bonds Yield 4%. Why They Could Beat Cash.
  5. Bulls Get Scorched by FedEx. Don’t Expect The Fed to Help.
  6. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  7. Forget a Fed Pivot. Rates Will Stay High as Inflation Persists.
  8. Here Are the Top Independent Financial Advisors.
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Cathie Wood’s ARK Sees a Huge Jump in EV Sales Coming. Cost Is the Key.