アップル株、対中追加関税で最もリスク

Apple Stock Is the Most at Risk From the Next Tariffs on China, Analyst Says

ウェドブッシュのアナリスト、ダニエル・アイブズ氏によると、米政府が15日から15%の対中追加関税を導入したら、アップルが最も損失を被る。

20年利益、4%減も

AFP時事
アップル<AAPL>株は9日、米政府が15日から15%の対中追加関税を導入するか否かをめぐる懸念を背景に小安く推移した。追加関税は中国産の広範な消費者向け製品が対象で、スマートフォンやラップトップ、その他電子機器のほか、衣料も含まれる。

ウェドブッシュのアナリスト、ダニエル・アイブズ氏によると、多くの米国のハイテク企業が影響を受けるが、アップルが最も損失を被るという。同氏は15%の追加関税が計画通りに導入されれば、2020年の利益が約4%、1株当た…
会員限定記事

無料会員登録を行うことで
この記事の全文を読むことができます。

原文
By Eric J. Savitz
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. Lordstown, Hyliion, and 13 Other EV and AV Stocks Are Getting Added to the Russell 3000. Why It Matters.
  2. How Tech Stocks Could Beat Financials Stocks
  3. Bitcoin Is a Fail for Retail Investors, Goldman Sachs Team Warns
  4. Why These 24 Controversial S&P 500 Stocks Could Be Worth Buying
  5. The Dow Just Had Its Worst Week Since October. What Happens Next.
  6. Self-Driving Cars Are Closer Than You Think
  7. Could These Stocks Be the Next Tesla?
  8. 7 Risks That Are Creating a New Market Paradigm
  9. On the Crisis and Inflation, Barron’s Shows How the Past Can Be Prologue
  10. Why Yield-Hungry Investors Are Looking to Energy Stocks