「テスラ仮想発電所」、所有者はもうかる?

Tesla Is Trying Out a Virtual Power Plant. How Customers Can Make Some Money.

電力会社と提携、需要ピーク時に供給

住宅用蓄電池「パワーウォール」が加州のプログラムに参加

Courtesy Tesla
テスラ<TSLA>は蓄電池の顧客ネットワークを、広大な分散型の電源を束ねる「仮想発電所」に変えようとしている。顧客は電力を提供すればお金を得ることができる。

テスラは、カリフォルニア州の電力会社PG&E<PCG>の「緊急負荷削減プログラム」に参加している。このプログラムは、電力需要がピークに達して送電網に負荷がかかると、発電の必要性を削減するように設計されている。

テスラの住宅用蓄電池はパワーウォールと呼ばれ、ソーラールーフやソーラーパネルと…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Al Root
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.