「最悪の9月」、今年はひどいかも

September Is Usually a Bad Month For Stocks. This One Could Be Ugly.

大幅利上げ、原油再高騰の可能性

S&P500もNYダウも平均1%下落

NYSE
株式市場にとって最悪の月-9月-が近づいている。今年は特にひどいかもしれない。

ダウ・ジョーンズのデータによると、S&P500指数は1928年以降、9月は平均1%下落している。ダウ工業株30種平均(NYダウ)も同様で、数字は1896年までさかのぼることができる。

この現象はよく知られているが、今年は特にリスクが高い。まず、S&P500もNYダウも6月中旬の年初来安値から2桁の上昇を記録している。これは、インフレがやや低下し、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペ…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jacob Sonenshine
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Schwab and the Bank Mess: Sizing Up the Firm’s Risks
  2. The Floor Could Still Fall Out of This Stock Market
  3. The U.S. Is Scaring Off Foreign Investors. Where They’re Going Instead.
  4. The Fed Should Choose Inflation Over Banks. Why a Rate Cut Would Be Bad.
  5. Stocks Keep Gaining. The Risks Keep Building.
  6. Tech Stocks Are Really Expensive Again. They Might Not Be as Safe as They Look.
  7. Google’s Bard Chatbot Reveals Its True Self: A 6-Foot Tall Male With Blue Eyes
  8. The New UBS Is a Wealth Management Behemoth. That’s a Risk.
  9. Analysis: At Dollar General, a Record of Overcharging
  10. Why Bank Failures Haven’t Crashed the Stock Market