「最悪の9月」、今年はひどいかも

September Is Usually a Bad Month For Stocks. This One Could Be Ugly.

大幅利上げ、原油再高騰の可能性

S&P500もNYダウも平均1%下落

NYSE
株式市場にとって最悪の月-9月-が近づいている。今年は特にひどいかもしれない。

ダウ・ジョーンズのデータによると、S&P500指数は1928年以降、9月は平均1%下落している。ダウ工業株30種平均(NYダウ)も同様で、数字は1896年までさかのぼることができる。

この現象はよく知られているが、今年は特にリスクが高い。まず、S&P500もNYダウも6月中旬の年初来安値から2桁の上昇を記録している。これは、インフレがやや低下し、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペ…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jacob Sonenshine
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.