WEEKLY 2022年9月4日号

秋の株式市場は大荒れの恐れ

Stocks Could Have a Messy Fall. Time to Embrace the Risks

混乱を乗り切るための投資先

インフレがピークを過ぎているなら好材料

Illustration by Anthony Gerace
2022年が明日終わるとすれば、投資家にとって悲惨な年として記録に残るだろう。主要株価指数の年初来の下落率は、ダウ工業株30種平均(NYダウ)が13%、S&P500指数が17%、ナスダック総合指数が25%に及ぶ。インフレ、利上げ、地政学的緊張などにより、下落相場は秋以降も続く可能性がある。

しかし、今年の混乱は好機をもたらしてもいる。株価は久々に割安な水準にあり、競争力の高いビジネスモデル、健全なバランスシート、安定したキャッシュフローを持つ企業の株式…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Nicholas Jasinski
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks
  2. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  3. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  6. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  9. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  10. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading