WEEKLY 2022年9月11日号

今週の予定

2023 Is a Big Union Contract Year. With Inflation Hot, Expect Labor Unrest.

インフレ高進の中、2023年は労働争議が盛り上がりそうだ

賃金上昇率はインフレ率に見合うものになるか

Illustration by Elias Stein
投資家はここ数年、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)や戦争、インフレの高進といった数多くのリスクに対処してきた。来年、ほぼ確実に現実のものとなるリスクがある。それは労働争議だ。

2022年の米国の消費者物価上昇率は、前年同月比平均で8%を超えている。食品の上昇率は9%を上回る。自動車価格に至っては新車、中古車ともに17%近く上昇している。しかし賃金の上昇率はわずか5.3%と、労働者にとってはつじつまが合わない状況だ。ストライキや企業…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Al Root
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Bye-Bye, Bear Market? The Worst Could Be Over for Stocks.
  2. Amazon Stock Is Down Big. Get Ready for a Huge Rally.
  3. Here’s How to Maximize Your Wealth Over the Next Decade
  4. Quantum Computing Will Change the World
  5. Borrowing Surge Makes Quick End to Rate Hikes Unlikely
  6. The Next U.S. Energy Revolution Is Here
  7. Stocks Have Already Bottomed. How We Know.
  8. Amazon Is Getting Back to Its E-Commerce Roots. The Stock Should Benefit.
  9. Stocks Are Clawing Their Way Back. Consider These Moves for 2023.
  10. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks