IBMなどPERが低下した12銘柄

IBM, CVS and 10 Other Stocks That Are Too Cheap Now

ファンダメンタルズには問題なし

「風呂の水と一緒に赤ちゃんまで捨てるな」

Miguel Medina/AFP via Getty Images
まるで風呂の水と一緒に赤ちゃんまで捨ててしまう(無用なものと一緒に大事なものまで捨ててしまう)ような相場だ。13日は8月の消費者物価指数(CPI)を受けて、S&P500指数構成銘柄のうち490銘柄が下落した。

今年はほとんどの銘柄が値下がりしているが、すべてが同じ運命を享受するわけではない。多くの銘柄は株価収益率(PER)が魅力的な水準まで低下したように見える。

半導体大手インテル<INTC>を見てみよう。年初の2023年予想PERは15倍だったが、現在は12倍に…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Al Root
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Bye-Bye, Bear Market? The Worst Could Be Over for Stocks.
  2. Amazon Stock Is Down Big. Get Ready for a Huge Rally.
  3. Here’s How to Maximize Your Wealth Over the Next Decade
  4. Quantum Computing Will Change the World
  5. Borrowing Surge Makes Quick End to Rate Hikes Unlikely
  6. The Next U.S. Energy Revolution Is Here
  7. Stocks Have Already Bottomed. How We Know.
  8. Amazon Is Getting Back to Its E-Commerce Roots. The Stock Should Benefit.
  9. Stocks Are Clawing Their Way Back. Consider These Moves for 2023.
  10. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks