空売り残高トップ、テスラからアップルに

Tesla Lost a Crown to Apple. It’s Probably Happy to See It Go.

比率は低水準、心配ご無用

864日続いた「王座」明け渡す

Patrick T. Fallon/AFP via Getty Images
テスラ<TSLA>とアップル<AAPL>。この二つの巨大企業について、市場に驚きが広がった。

空売り分析会社S3パートナーズのデータによると、アップル株の借り入れ額と空売り残高が、テスラ株を上回ったのだ。

S3のマネジングディレクター、イホール・ドゥサニウスキー氏によれば、テスラは2020年4月から864日連続して空売り残高のトップを維持していた。

テスラはおそらく、トップから陥落しても悲しくはないだろう。空売りは通常、株価が下落すると考える投資家…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Al Root
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.