WEEKLY 2022年9月18日号

米政策金利、高インフレで高止まり必至

Forget a Fed Pivot. Rates Will Stay High as Inflation Persists.

FRBの政策転換、期待できず

続く物価上昇リスク

David Paul Morris/Bloomberg
最新の消費者物価指数(CPI)を受けて、年内に金利政策がより引き締め方向に向かった後、米連邦準備制度理事会(FRB)が来年に政策転換するとの新しいコンセンサスが強まっている。しかし、フェドウォッチャーはインフレをまだ過小評価している可能性があり、政策転換ではなく金利が高止まりすると考えるべきだ。

米労働省が発表した8月のCPIによって、インフレは広範にわたり、執拗(しつよう)で、需要がけん引していることが明確になった。クリーブランド連銀が発表…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lisa Beilfuss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Bye-Bye, Bear Market? The Worst Could Be Over for Stocks.
  2. Amazon Stock Is Down Big. Get Ready for a Huge Rally.
  3. Here’s How to Maximize Your Wealth Over the Next Decade
  4. Quantum Computing Will Change the World
  5. Borrowing Surge Makes Quick End to Rate Hikes Unlikely
  6. The Next U.S. Energy Revolution Is Here
  7. Stocks Have Already Bottomed. How We Know.
  8. Amazon Is Getting Back to Its E-Commerce Roots. The Stock Should Benefit.
  9. Stocks Are Clawing Their Way Back. Consider These Moves for 2023.
  10. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks