WEEKLY 2022年9月18日号

利回り4%、引き締め局面でも魅力的な債券投資

Short-Term Bonds Yield 4%. Why They Could Beat Cash.

短期の米国債と投資適格社債が狙い目

十分高い利回り

Dreamstime
最近まで米国短期債は利回りに関して言えば、忘れ去られていた。米国債2年物の利回りは、1年前は0.21%で、1月は1%だった。今や、米連邦準備制度理事会(FRB)の積極的な利上げのおかげで利回りは3.8%を超え、近いうちに4%に届きそうな勢いだ。

景気を沈静化させ、高止まりするインフレの手綱を引き締めるというFRBの行動は、終わりに近づいてさえいない。金利は2023年初頭まで上昇を続けると予想されている。金利が上昇すれば一般的には、債券価格を圧迫することに…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lawrence C. Strauss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Bye-Bye, Bear Market? The Worst Could Be Over for Stocks.
  2. Amazon Stock Is Down Big. Get Ready for a Huge Rally.
  3. Here’s How to Maximize Your Wealth Over the Next Decade
  4. Quantum Computing Will Change the World
  5. Borrowing Surge Makes Quick End to Rate Hikes Unlikely
  6. The Next U.S. Energy Revolution Is Here
  7. Stocks Have Already Bottomed. How We Know.
  8. Amazon Is Getting Back to Its E-Commerce Roots. The Stock Should Benefit.
  9. Stocks Are Clawing Their Way Back. Consider These Moves for 2023.
  10. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks