2002年以降で最悪の9月相場

Stocks Just Suffered Their Worst September Since 2002. What That Means for October.

10月にとって何を意味するか

S&P500指数とダウ、2020年3月以来最大の下落

Getty Images
投資家は今年9月の相場を忘れないだろう。良い意味でではない。

S&P500指数とダウ工業株30種平均は9月30日も下落して終了し、月間では2020年3月以来最大の下落率を記録した。また両指数のパフォーマンスとも、9月としては2002年以来最悪となった。季節志向の投資家たちは、これが10月の相場にとって何を意味するのかと考えているかもしれない。

ダウ・ジョーンズ・マーケット・データは、特に厳しい値動きとなった9月の後、株価がどのように推移してきたかを調査した…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By William Watts
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Bye-Bye, Bear Market? The Worst Could Be Over for Stocks.
  2. Amazon Stock Is Down Big. Get Ready for a Huge Rally.
  3. Here’s How to Maximize Your Wealth Over the Next Decade
  4. Quantum Computing Will Change the World
  5. Borrowing Surge Makes Quick End to Rate Hikes Unlikely
  6. The Next U.S. Energy Revolution Is Here
  7. Stocks Have Already Bottomed. How We Know.
  8. Amazon Is Getting Back to Its E-Commerce Roots. The Stock Should Benefit.
  9. Stocks Are Clawing Their Way Back. Consider These Moves for 2023.
  10. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks