WEEKLY 2022年11月20日号

株式市場がFRBの動きに一喜一憂しなくなる

The Stock Market Has Stopped Worrying About the Fed.

景気後退が現時点の懸念材料に

FRBの動きに対する懸念が和らぐ

John Angelillo/UPI/Shutterstock
株式市場は米連邦準備制度理事会(FRB)の壁を乗り越えたが、まだ、森を抜け出したという意味ではない。市場の注目は現時点で米国経済に移っており、米国経済が景気後退に陥るかどうかで、安値を再度試す動きがあるかどうかが決まることになる。

先週の株式市場は素晴らしい週というわけではなかったが、悪い週ということもなかった。主要株価指数を見ると、ダウ工業株30種平均はわずか0.01%の下落で3万3745ドル69セントとなり、S&P500指数は0.7%安の3965.34で引けた…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Ben Levisohn
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks
  2. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  3. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  6. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  9. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  10. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading