WEEKLY 2022年11月20日号

アップル強気派が神経質になる理由

An Apple Bull Gets Nervous. The iPhone Isn’t Recession-Proof.

iPhoneは景気後退に強くない

成長はピークアウトしつつある

Stanislav Kogiku/Getty Images
筆者はアップル<AAPL>の見通しについてこれまではかなり強気な見方をしてきた。だが、現状を評価すると、懸念を抱く理由が幾つかある。成長が鈍化しており、成長率がマイナスに落ち込む可能性があるのにバリュエーションが高止まりしていることで、アップル株は脆弱(ぜいじゃく)に見える。

株価は年初来で約15%下落しているが、他の大手ハイテク企業を大きくアウトパフォームしている(例えばマイクロソフト<MSFT>は31%下落、アルファベット<GOOGL>は35%下落…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Eric J. Savitz
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks
  2. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  3. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  6. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  9. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  10. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading