市場は底を打った、なぜそう言えるのか

Stocks Have Already Bottomed. How We Know.

インフレはピークに達した

「新たな強気相場が始まった可能性」

Michael M. Santiago/Getty Images
上昇気流に乗るのは簡単ではないが、株式市場がすでに底を打ったというシグナルが出始めている。

まず、S&P500指数は1月上旬に付けた史上最高値4796から17%下落している。10月上旬の年初来安値3577と比べれば下落率は25%に達する。米連邦準備制度理事会(FRB)が高インフレを抑制するために、利上げを続けていることが一つの大きな要因だ。FRBはインフレが消費者需要をへし折り始めた後でも利上げしている。さらに、高成長のハイテク企業は、金利上昇によって将来利益の…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jacob Sonenshine
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks
  2. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  3. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  6. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  9. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  10. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading