なぜハイテク各社のレイオフが問題視されないのか

Why Tech Layoffs Aren’t Alarming Economists—Yet

労働市場全体では小規模

「パニックになるな」

音楽配信サービスのスポティファイ・テクノロジー<SPOT>は23日、従業員の6%を削減すると発表し、人員削減に踏み切った最新の大手ハイテク企業になった。アルファベット<GOOGL>のグーグル、マイクロソフト<MSFT>、アマゾン・ドット・コム<AMZN>も今年に入ってから、高インフレと予想以上の成長鈍化に対応するとして相次いでレイオフを発表していた。

IT企業のリストラ情報をまとめるウェブサイト「layoffs.fyi」によると、今年はすでに5万7000 人以上が職を失っ…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Megan Cassella
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Our Roundtable Pros Scoured the Market. Here Are 26 of Top Stock Picks.
  2. Barron’s Stock Picks Beat the Market in 2022. Here’s Our Report Card.
  3. Stocks and Bonds Are Sending Different Messages. One Is Wrong.
  4. Gold’s Awakening May Make Investors Sleep Less Soundly
  5. Ferrari Is a Luxury Stock. Here’s Why It Looks Like a Buy.
  6. Netflix Stock Is On Fire. Here Are the Takeaways From Its Earnings.
  7. Why Tech Layoffs Aren’t Alarming Economists—Yet
  8. Good News for Nvidia, AMD, and Qualcomm—Barclays Is Bullish on Chips Again
  9. Here’s Why the Founder of Thoma Bravo Is Still Buying.
  10. The Fed and the Markets Disagree on Wages and Inflation