WEEKLY 2023年2月26日号

バイオ後続品の薬価が下がらず、高額の生物製剤が優勢を維持する理由

Biosimilar Pricing Looks a Mess. Why Costly Drugs Prevail.

薬剤給付管理のインセンティブ構造に課題

アッヴィのヒュミラが特許切れ

Illustration by Sandro Rybak
今年は、史上最大のブロックバスターとなったバイオ医薬品大手アッヴィ<ABBV>の関節炎治療薬ヒュミラ(年間費用9万ドル)による高額の医療費負担から、医療システムが解放される年になるはずだった。20年以上にわたり同社のドル箱を保護していた特許が2023年初頭に切れ、ヒュミラと競合する多くのバイオシミラー(バイオ後続品)に門戸が開かれた。既に1月にはアムジェン<AMGN>からアムジェビタ(一般名アダリムマブ)が発売されており、年内にさらに七つのバイオシミ…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Josh Nathan-Kazis
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Tech’s Rally Isn’t Done. 10 Stocks That Are Next to Gain.
  2. 15 Stocks to Buy Around the World, From Our Roundtable Experts
  3. 7 Tech Stocks Beyond Apple to Hold for the Long Haul
  4. OpenAI Chaos Could Hurt Microsoft, Analysts Warn
  5. 4 Chip Equipment Stocks for a New AI Play
  6. Nvidia Still Leads AMD, Intel In the AI Chips Race. How It Plans to Stay Ahead.
  7. The Stock Market Had a Wonderful Thanksgiving.
  8. Why Can’t Anyone But Tesla Make a Buck on EVs?
  9. Business Travel Is About to Pick Up. 4 Stocks to Catch the Comeback.
  10. Behind the Altman AI Flap: Money or Science?