WEEKLY 2023年3月5日号

1月の良好な経済指標は季節調整のマジック?

Why January’s Economy Looked Too Good to Be True. It Probably Was.

数字のブレを平準化するどころか増幅する可能性

非農業部門就業者数は予想の2倍

Joe Raedle/Getty Images
自然に起こる振幅を平準化し基本的な傾向を把握すべく、エコノミストは季節調整を行う。だが時としてその調整は短期的な振幅を和らげるどころか、誇張してしまうこともある。新たな景気浮揚を示したかに見える1月のデータにも季節調整は行われた。データの基礎となる数字をよく見ると、実績値の変動が想定された季節要因よりも小幅だったという実態が明らかになる。

過去1カ月間に金利が急上昇したのは、予想を大きく上回るデータを受けて、市場が米連邦準備制度理事会…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Randall W. Forsyth
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. It’s Not Just AI. 5 Trends That Will Change How You Invest.
  2. ‘Shadow Banks’ Hold Half of the World’s Assets. Why Concerns Are Growing
  3. David Giroux Looks Into the Future
  4. C3.ai Stock Set to Lead in AI After Srong Quarter
  5. The Stock Market Throws a Party-and Everyone’s Invited
  6. A Hidden AI Stock That Pays a Big Dividend
  7. Why the 'Dean of Valuation' Just Sold Nvidia Stock
  8. The Debt-Ceiling Deal Could End Up Biting Stock Investors
  9. Stocks Are Trying to Break Out. Morgan Stanley Expects a Big Drop.
  10. Regulators Have Cracked Down on Big Deals.