ファイザー株、20年に復活も

Pfizer Stock’s Dismal 2019 Could Be a Prelude to a Comeback

今年は10%安

ジェネリック部門分離で暴落

EPA時事
ファイザー<PFE>株にとって厳しい1年だった。2018年から19年6月までの18カ月、ファイザー株は16.8%上昇し、ヘルスケアセクター、市場全体をも上回ったにもかかわらず、7月から9月までに17.3%下落。年間では約10%安で、ダウ工業株30種平均構成銘柄のうち、最悪のパフォーマンスの部類に入っている。

しかし、20年に希望はある。

本誌は11月のカバーストーリーで、特に、2、3の薬の試験結果がファイザーの思うようになれば、同社の新たな成長戦略に期待できると…
会員限定記事

無料会員登録を行うことで
この記事の全文を読むことができます。

原文
By Josh Nathan-Kazis
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2021年1月17日号の読みどころ

2021年1月10日号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. Welcome to the Roaring ’20s, but Maybe Not for Stocks, Our Experts Say
  2. With Rare Speed, Gene Editing Emerges as Biotech’s New Cutting Edge
  3. Fear Comes to the Stock Market. What Comes Next.
  4. Buy Zoom Video Stock, Analyst Says. It’s Just Too Cheap Right Now.
  5. As U.S. Fights Today’s Problems, Tomorrow’s Inflation Starts to Stir
  6. Jeremy Grantham’s Bubble Forecast Is an Outlier. Is He Right?
  7. Presidents Don’t Influence the Economy as Much as You Might Think
  8. The Stock Market Can’t Get Much Better From Here. Why a Correction Could Be Coming.
  9. Tesla Delivers First Chinese Built Model Ys. Here’s What That Means.
  10. Want to Use ETFs to Play Biotech? Choose Wisely.