出遅れの銀、白金に注目

Silver, Platinum Missed Much of the Commodities Rally. Prices May Catch Up in 2020

工業用金属指数、19年はわずか2%の上昇

成長見通しが後押し

EPA時事
2019年のコモディティー相場高騰に乗り遅れた、銀や白金など工業用金属に今後数年、注目が集まる可能性がある。

コモディティー24種で構成するS&P商品指数(トータル・リターン)は年初から12月中旬までに17%近く上昇。これに対し、工業用金属指数は約2%の上昇にとどまった。鉄鋼のコーティングなどに使われる亜鉛に至ってはマイナスだ。

TIAAバンクの国際市場部門社長のクリス・ギャフニー氏は、工業用金属が取り残されたのは「投資家が世界経済の成長について引…
会員限定記事

無料会員登録を行うことで
この記事の全文を読むことができます。

原文
By Myra P. Saefong
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.