オラクルなど割安3銘柄

3 Stocks With Rising Prices That Still Look Cheap

PER上昇率が株価上昇率の半分以下

Getty Images
S&P500指数は、2018年の安値を付けた12月24日からこれまで39%上昇しているが、企業利益はほとんど伸びておらず、予想株価収益率(PER)は13.7倍から18.4倍に拡大した。この期間中に、利益見通しの増加ペースが株価上昇ペースを上回ったため、PERが低下した企業があるか調べてみた。

取るに足りないものや難しい銘柄は除外。期間中に少なくとも20%上げた銘柄に限定した。メ―シーズ<M>の株価は42%下げる一方で、PERはわずか5%の減少にとどまったが、利益見通しも破…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jack Hough
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2020年10月18日の読みどころ

2020年10月11号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. The Biggest Techs Can Get Bigger—and More Profitable.
  2. Investors Are Optimistic About Stocks
  3. A Dozen Stocks That Will Make Both Growth and Value Investors Happy
  4. How to Play the Next Industrial Revolution
  5. Wall Street Prepares for a Biden Victory
  6. A Short-Term Strategy That Works: Buy the Most-Profitable Companies
  7. Apple’s New iPhone Are Here — and Even One Wall Street Bear Thinks They’re Just Fine
  8. Summer’s ‘Signs of Froth’ Return to Stock Market
  9. Inside the Stock Market’s Indecisive Week
  10. Electric Vehicles and SPACs: What Could Go Wrong?