金7年ぶり高値、金鉱株も好調

Gold Equities Are Spiking. One Analyst Sees Glimmers of the 2011 Peak

カナコードは「オーバーウエート」、11年の最高値目指すか

ニューモント42%、バリック59%のリターン

Photo Illustration by Scott Olson/Getty Images
金相場が20日、0.7%高の1オンス=1619.05ドルと、2013年2月以来の高値を付けた。過去1年間の上昇率は20%超。世界経済をめぐる不透明感や、中央銀行による購入、さらに低金利が、逃避先資産と目される金の相場を押し上げた。最近では新型コロナウイルスの感染拡大が材料になっているようだ。

金上伸を受けて、ニューモント<NEM>やバリック・ゴールド<GOLD>など金鉱会社の株価も上げた。両社はそれぞれ2019年に競合相手と合併したが、本誌は2019年初めにこれが強気と…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Connor Smith
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.