急落翌日は反発の歴史

The S&P 500 Had a Terrible Monday. History Says Tomorrow Will Be Better.

S&P500、歴代7位の下げ率

平均3.2%の上げ

Getty Images
週明け9日、S&P500指数は7.6%下げたが、歴史を振り返ると、これだけ大きな下げの翌日は概して反発している。

S&P500指数は225ポイント下落し、2746で終わった。7.6%の下落率は歴代7位。最大の下げは1987年10月19日のブラックマンデーで、20.5%だった。

コーナーストーン・マクロのチーフストラテジスト、マイケル・カントロウィッツ氏の集計したデータによると、1940年以降、下げ率上位10日のうち翌日に反発したのは9日。上昇率の平均は3.2%だ。

1987年の暴…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Andrew Bary
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2020年3月29日号のみどころ

2020年3月22日号のみどころ

ランキング

ranking
  1. Investors Beware: Markets Could Still Head Lower
  2. How to Play Tech Stocks Amid the Chaos
  3. Forget the Politics, It’s Time to Buy Stocks
  4. Hear Me Out: There's Still Value in SoftBank Group
  5. 12 Stocks Multifactor-Screened for Extra Safety
  6. ‘Buy Stocks’ Spikes in Google Search, but Sentiment Still Shows a Bearish Slant
  7. The Dow Just Had Its Worst First Quarter in History. Here’s What History Says Could Happen Next.
  8. Layoffs Spike. Aid Is Near. Will It Be Enough to Help?
  9. Big Pharma and Biotech Need to Do More in the Fight Against Covid-19
  10. The Dow Just Had Its Best Week Since 1938.