アップルのサービス部門、高成長の可能性

Apple’s Services Business Could Be Worth $100 Billion, Analyst Says

収入は1000億ドル突破へ

顧客をつなぎ留める有効策

米アップル<AAPL>の株価評価をめぐる最大の争点は、同社の手掛けるアプリ、音楽配信などサービス部門が収益の拡大にもたらす潜在力である。投資家たちがサービス部門の拡大を望む理由は数多く存在する。

 米証券業界では、アップルの持つサービスが消費者をアップル製品につなぎとめておくための要素だと考えている。アップルが提供するサービスが多ければ、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)利用者は、米グーグルのスマホ用基本ソフト(OS)「アンド…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Eric J. Savitz
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

2020年5月24号の読みどころ

2020年5月17号の読みどころ

ランキング

ranking
  1. Stocks Are Too Risky. What GMO’s Inker Says to Buy Instead
  2. A Few Big Stocks Are Driving the Market’s Gains. That’s an Opportunity.
  3. The Stock Market’s Great Week Is Reason to Worry
  4. Active Stock-Picking Strategies Gain Appeal as Markets Fluctuate
  5. America’s Small Businesses Are Sputtering
  6. America’s New Pastime: Day Trading
  7. 5G Is Coming. Buy These Two Cell Tower REITs to Play the Trend.
  8. 15 Cheap Stocks Growing Fast Enough to Avoid the Value Trap
  9. A Top Pension Manager Sold Apple, Amazon, and Disney Stock. Here’s What It Bought.
  10. Looking for Yield? You’ll Find it Here.