weekly magazine

WEEKLYマガジン 2020年7月5日号

新型コロナ経済、2020年下半期の3シナリオ

3 Scenarios for Playing the Coronavirus Economy in the Second Half

弱気、基本、強気シナリオの比較

コロナ、感染者数増加の先にあるものとは

Covid Cases Are Surging. What Comes Next.

ワクチン開発不調なら、集団免疫頼みに

債券ファンドでアメリカン・ファンズが静かに台頭

American Funds’ Quiet Rise to Bond Dominance

キャピタル・グループの抜本改革が奏功

好調なターゲット・デート・ファンド、その適切な選択方法

Target-Date Funds Are Performing Well. How to Choose the Right One.

似て非なる各ファンド、内容の理解が重要

投資家はコロナ克服を優先すべき、利益は後からついてくる

Pharma Investors Should Focus on Health Outcomes. Profits Will Follow.

開発企業、投資家、購入者による新たな創薬モデル

民主党圧勝は市場にどのような影響を与えるか

What a Democratic Sweep Could Mean for the Market

大統領選挙と株価、JCペニー社債の顛末、バークシャー、転換社債

夏のメルトアップにご用心

Why Investors Should Fear a ‘Summertime Melt-Up’

上昇の中身次第で、その後急落の可能性も

ソフトウエアが世界を救う—上半期の教訓

Software Is Saving the World—and Other First-Half Lessons

大手ハイテクに加え、ソフト・電子商取引・ネットインフラがけん引

パンデミックで勝ち残る外食企業、チポトレとウイングストップ

Chipotle and Wingstop Are Winning the Pandemic

持ち帰り型とデジタル対応がカギ

今週の予定

Zwift Makes the Tour de France a Virtual Cycling Race

ツール・ド・フランスもズイフトのバーチャルで

読みどころ

週間でS&P500指数は4%、ダウ工業株30種平均は3.2%、ナスダック総合指数は4.6%も上昇した。S&P500指数とナスダック総合は4連騰だ。6月から週替わりで上昇と下落を繰り返している。ナスダック総合は2日連続で史上最高値を更新して週を終えた。主要指数は鬼門の6月も月間ベースではプラスで終え四半期ベースの上昇率も歴史的だ。

1番の「カバー・ストーリー」は「新型コロナ経済、2020年下半期の3シナリオ」として弱気、基本そして強気シナリオを提示している。弱気シナリオではS&P500指数がここから20%下落。基本シナリオの前提は新型コロナウイルスと今後も長く付き合い、FRBは引き続き可能な限りの手段をとる。そして議会は1兆ドル以上の家庭と企業の追加支援策を可決することだ。また強気シナリオでも経済再興が再度の経済停止の危険をはらんでおり、新たな株価下落を招く恐れも。

3番「フィーチャー」は「債券ファンドでアメリカン・ファンズが静かに台頭」だ。大手運用会社キャピタル・グループは株式運用ではつとに有名だが債券運用でも静かにそして着実に実績を上げている。債券ファンド市場で2014年頃の同社のシェアは2.9%だったが直近4%近い。同社よりシェアで上位はバンガード、ブラックロック、ピムコ、そしてフィデリティだけだ。

6番「コラム」の話題は「大統領選挙と株価、JCペニー社債の顛末、バークシャー、転換社債」だ。直近バイデン候補優勢を伝える記事が増えているがこれもその一つ。ウォール街の大御所で現在ブラックストーン・グループ<BX>のシニア投資ストラテジストであるバイロン・ウィーン氏もその立ち位置だ。彼は年初に10大ビックリ予想を公表することで有名だが、今回は上院でも民主党が過半を占めると予想した。民主党圧勝は株式市場にとっての大災難との意見とは異なり「バイデン氏が当選した場合最優先は経済を2019年の状態にまで戻すこと。増税や規制強化はその邪魔になる」と株価には楽観視。

7番「米国株式市場」では「夏のメルトアップにご用心」だ。現状の株価を支えるのは異次元の金融緩和、予想以上に好調な経済指標、新型コロナウイルスのワクチン開発そして議会が繰り出す景気刺激策だ。また過去のこの時期は株価の上昇基調が続いた。毎年6月26日から7月11日の間に株価は大きく上昇する傾向がありS&P500指数は平均6.3%上昇している。ただし、その後の市場は弱含み、特に選挙の年には軟調となる傾向にあるようだ。また7月中旬から決算発表が始まる。これまで同様に過度な楽観が行き過ぎた上昇相場を逆回転させるという。

8番「ハイテク」は「パフォーマンス上位銘柄から読み取る今年上半期の投資テーマ」だ。記事ではクラウドや在宅消費のトレンド以外の投資テーマをいくつか浮き彫りにしている。一つ目は「時価総額の大きな企業がますます巨大化する」、二つ目の投資テーマは「オンライン消費」、三つ目の投資テーマは「インターネットインフラ」、四つ目の投資テーマは「トレンドに乗り遅れた銘柄の下落」。また「ショッピファイ<SHOP>は買われ過ぎ」だという。理由は記事で確認してほしい。

9番「一般消費財」では「パンデミックで勝ち残る外食企業、チポトレとウイングストップ」だ。チキンのドラムスティックに特化したチェーンを展開するウイングストップ<WING>とチポトレ・メキシカン・グリル<CMG>をお薦め2銘柄として紹介。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

2020年9月20の読みどころ

2020年9月13日の読みどころ

ランキング

ranking
  1. How to Profit From the Digital-Payment Future
  2. Hunting for Stock Market Bargains? It’s Time to Head to Europe and Japan
  3. Nvidia’s Deal for Arm Is Risky-and Quite Smart
  4. This Stock Fund Has Soared More Than 30% This Year. Here’s How
  5. The Tech Boom Is Slowing. A Sector Rotation Is Picking Up Steam.
  6. What the Next Global Crisis Could Look Like— and Why We Need It
  7. The Financial Markets Enter Their Most Treacherous Season
  8. Amazon Stock Has Gotten Crushed in September. Why One Analyst Says It’s Time to Buy.
  9. 9 Consumer Staples Stocks That Can Keep Growing After Covid Is Gone
  10. Apple Is Set Up for Huge 5G iPhone Sales in U.S., China and Europe, Analyst Says