weekly magazine

WEEKLYマガジン 2021年3月21日号

宇宙ビジネスの新たな波に乗る方法

How to Play the New Space Race

スタートアップならロケット・ラボ推奨

スプランクはクラウドをものともせず前進

Splunk Finds Its Way Through the Clouds

サブスク型移行へ一時的に売上高減少

「債券自警団」が新たなブラックマンデーを引き起こす見込みなし

Bond Vigilantes Are Back, but Unlikely to Cause a New Black Monday

1987年とは異なる状況

FRBと戦っていない株式市場

The Market Isn’t Fighting the Fed. What That Means for Stocks

当面はバリュー株優位か

クラウド企業の業績を理解する新指標

The Cloud Is Already Confusing - the Metrics Make It Worse

ARR、RPO、NNR、貢献利益、調整後EBITDA、TAMとは

FRB、経済見通しを一転強気に

Behind the Plot Hole In the Fed’s Forecasts: Big Productivity Gains

生産性向上が追い風

配当利回り期待の銀行4銘柄とETF

4 Banks and 1 Bank ETF to Bank on for Yield

2021年の見通しは明るい

バリュー株ファンドに上値余地も、減速に備え

Value Funds Have Room to Run, but Start Preparing for Their Slowdown

逆風見越し銘柄入れ換え

2021年以降も利益成長期待の2銘柄

2 Stocks With Earnings Growth Beyond 2021

キャタピラーとブルーミン・ブランズ

今週の予定

How the Big Tobacco Giants Can Survive the Last Smoker

逆風の中、たばこ大手はどう生き残る

読みどころ

2021年3月21日
債券利回りが株式市場をかく乱する相場が続いた。主要株価指数はナスダックを中心に木曜日に大きく売られ、週間では全てマイナスだった。ダウ工業株30種平均は月曜日に史上最高値を付けたがその後は勢いを失って0.7%、S&P500指数とナスダック総合指数はともに0.8%、ラッセル2000指数は2.8%の下落となった。

1番「カバーストーリー」は宇宙ビジネスの特集だ。同じ企画が2017年8月27日号にある。当時はロッキード・マーチン<LMT>とボーイング<BA>が最善の投資対象だった。その後、ビジネスのコスト低下と投資意欲の高まりを受けて状況は一変した。今回の一押しはロッキード・マーチンだが、今後続々と有望銘柄が特別買収目的会社(SPAC)を通じた上場で登場するので面白い展開になりそうだ。

2番「フィーチャー」はサーチ、分析、ビッグデータ分析などのソフトウエアを扱うスプランク<SPLK>だ。社名の由来は洞窟探索を意味するスピランキング。過去に目覚ましい売上高の伸びを記録したが、サブスクリプション型ビジネスモデルへの移行期に投資家を混乱させる決算を発表して株価は急落している。ただし、この下落場面が投資の好機だという。

3番「債券自警団」は「新たなブラックマンデーを引き起こす見込みなし」がタイトルだ。債券自警団とは国債の売りを通じて金融政策や財政政策への不満を示す投資家の動きのことだ。先日来この自警団が株式市場を大いにかく乱している。記事では自警団と株式市場の関係を詳しく分析しているが、1987年のブラックマンデーと今回の株価下落を比較するのは少し過剰な心配だと感じた。

5番「クラウド企業の業績を理解する新指標」ではARR、RPO、NNR、貢献利益、調整後EBITDA、TAM等、株価が急騰している銘柄を評価する際の指標を解説している。

6番「米国経済」ではFRBが経済見通しを一転して強気に変えたその経緯と理由を解説している。生産性向上、消費支出の増加、積極的な財政政策の組み合わせがその理由だ。その中で、ITバブル崩壊と金融危機後の回復が緩慢だったのは米国が半導体に十分な投資をしなかったからだという記述は大切だと思う。

7番「インカム投資」は「配当利回りに期待できる銀行4銘柄とETF」だ。厳しかった2020年を経て銀行セクターのパフォーマンスは急上昇している。紹介されているのはテキサス州に本拠を置く商業銀行として最大手のコメリカ<CMA>、他3銘柄だ。

9番「注目銘柄」の「2021年以降も利益成長期待の2銘柄」では、ストラテジストがすでに来年を見据えた投資機会を探している。紹介している銘柄は資本財のキャタピラー<CAT>とレストラン運営会社のブルーミン・ブランズ<BLMN>だ。

10番「経済関連スケジュール」では、一部のたばこ関連銘柄は最悪のシナリオを織り込んでおり、過小評価だという。取り上げている銘柄はフィリップ・モリス・インターナショナル<PMI>とアルトリア・グループ<MO>だ。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. Tesla Earnings Were Great. Why the Stock Is Dropping.
  2. Why Ford Shares Should Return to the Fast Lane
  3. Big Tech Earnings Could Snap Investors’ Euphoria.
  4. Big Investors Are Positioned to Buy Stocks. That’s Good for the Market.
  5. How to Invest in the Metaverse – and Find It.
  6. Then and Now: Will Today’s Roaring ’20s Meet a Similar Fate?
  7. Apple Dodges Widespread Parts Shortage With New Mac and AirPods Launches
  8. Cathie Wood’s ARK Sells More Tesla. She’s Buying This Stock.
  9. This SPAC Is Merging With Trump Media. The Stock Ends the Session 380% Higher
  10. Bitcoin ETFs Are Changing the Game for Cryptos.