weekly magazine

WEEKLYマガジン 2021年4月4日号

フェイスブックに20%の上値余地

Like It or Not, Facebook Stock Is a Buy

配当、インスタグラム、Eコマースが見直し材料に

米国の2兆ドルインフラ投資で最も恩恵を受ける銘柄

Stocks That Could Gain the Most From Biden’s Infrastructure Plan

投資の「スーパーサイクル」の幕開けか

リキッド・オルタナティブの新たな動き

Making the Case for Liquid Alts 2.0

リターン回復、資金流入で復活の兆し

バリュー株ETF、同じようでも異なる中身

Not All Value ETFs Are Created Equal. Here’s How to Choose a Winner

勝ち組入りの秘訣とは

バリュー株の反撃—次の上昇のための6ファンド

Value Stocks Have Roared Back. 6 Funds for the Rally’s Next Stage.

成績が良いファンドのマネジャーが投資している銘柄

インカム投資は「ダウの犬」、再開銘柄、REIT、優先証券が有望

Fund Vet’s Top Picks: ‘Dogs,’ Reopen Plays, REITs, and Preferreds

ベテランファンドマネジャーが明かす金利上昇局面の投資手法

2兆3000億ドルのインフラ投資、主役はハイテク企業

Tech Gets Starring Role in Biden’s Infrastructure Plan

広がる裾野、未注目銘柄も

企業投資増加で元気が出そうな11銘柄

11 Stocks That Could Get a Shot in the Arm as Business Spending Gains

繰延需要狙いなら消費財より設備投資

熱狂相場にまだ相当の上値余地

This Torrid Market Still Has Plenty of Room to Run

景気敏感株と成長株の両方の組み入れを

今週の予定

With Vaccines and Relief Checks on Tap, Consumers Want to Shop

ワクチン接種や給付金で、購買意欲が高まる消費者の胸の内

読みどころ

2021年4月4日
先週の主要指数では、S&P500指数が休日前の木曜日に初めて終値で4000を超え、週間で1.1%高の4019.87で引けた。ダウ工業株30種平均は0.24%、ナスダック総合指数は2.6%上昇し、ラッセル2000指数は1.5%高で週末を迎えた。

1番「カバーストーリー」は「フェイスブックには20%の上値余地あり」だ。同社の株価は出遅れており、バリュエーションは市場全体とほぼ同じだ。しかし、この割安状態は長くは続かないだろうとの強気の記事だ。同社は依然として強靭(きょうじん)で成長し続けており、アップル、アマゾンおよびアルファベットの過去の例を引き合いに出して、同社の株価上昇の処方箋を提示している。

2番「資本財」は「バイデン米大統領の2兆ドルインフラ投資で最も恩恵を受ける銘柄」で、たくさんの有望銘柄を紹介している。カテゴリーはインフラ関連、クリーンテックそしてインカム狙いのグリーンテック関連銘柄だ。「消費の恩恵を受ける銘柄よりも設備投資の恩恵を受ける銘柄がアウトパフォームする」とのストラテジストのコメントもあった。

3番「ファンド」は「リキッド・オルタナティブの新たな動き」だ。ヘッジファンドの運用戦略投資手法を模倣するミューチャルファンドや上場投資信託(ETF)はリキッド・オルタナティブと呼ばれているが、その成績は芳しくなかった。しかし、その魅力がここにきて高まっているという。日本でもこのカテゴリーの商品は販売されているので記事の詳細な解説は投資家に有益なはずだ。

5番「ファンド」は「バリュー株の反撃。次の上昇のための6ファンド」だ。金利上昇、バリュエーションの相対的魅力、人気離散の反動などもありバリューファンドは過去1年で50%も上昇した。ニューバーガー・バーマンやT.ロウ・プライスなど、日本にも進出している運用会社のファンドもある。

6番「インカム投資」のトピックの1つは「ダウの犬」銘柄への投資だ。これはダウ工業株30種平均の構成銘柄中、利回りの高い10銘柄に投資する手法だ。長年知られている投資戦略ながら、ここ数年のパフォーマンスはさえなかった。ただし直近の投資環境で再び脚光を浴びている。他にもエネルギー、REIT、優先証券の個別銘柄やETF、投資信託が紹介されている。

8番「フィーチャー」は「企業の設備投資増加に伴い元気が出そうな11銘柄」で、ビーオブエー・セキュリティーズのストラテジスト、サビタ・スブラマニアン氏のコメントを引用しながらの銘柄紹介だ。ちなみに彼女はウォール街のストラテジストで弱気の筆頭格だ。新型コロナウイルス危機後に訪れる人々の消費意欲の回復度合いに対する見方がその根拠のようだ。

10番「経済関連スケジュール」では「ワクチン接種や給付金で、購買意欲が高まる消費者の胸の内」と題し、追加経済対策法案で消費者の購買意欲が向かう先として、ギャップ<GPS>傘下のオールド・ネイビーやアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ<AEO>、Lブランズ<LB>傘下の女性用下着ブランドのビクトリアズ・シークレットといったブランド名を挙げている。他にもディスカウント・ストアやカジュアル衣料品店の銘柄やブランドを多数紹介している。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

ランキング

ranking
  1. Disney’s ‘Triple Play’ Signals a Bright Future
  2. Amazon Could Be Worth $3 Trillion in Three Years, Analyst Says
  3. How Much Money Should I Spend on Coinbase Stock? Financial Advisers Offer Guidance to Young Investors.
  4. Will Tesla Be the Next Apple? Here’s How Investors Can Play It.
  5. The 24 Most-Hated Stocks in the S&P 500, and Why You Should Love Them
  6. Why a Top Fund Manager Is Worried About Speculative Excess
  7. T-Mobile and 13 Other Stocks That Could Pop on Earnings
  8. Apple Could Crush Earnings Estimates. One Analyst Explains How.
  9. The Top 100 Financial Advisors and Teams
  10. These Active Small-Cap Funds Are Ready to Run