weekly magazine

WEEKLYマガジン 2021年5月23日号

新たなAT&Tの幕開け

AT&T’s Next Act

ワーナーメディアのスピンオフは投資家にとって朗報か

乱高下のビットコイン、今後の行方は

Bitcoin Had Another Crazy Week. What Could Happen Next.

ボラティリティーは高いが長期的には強気

ソフトバンクグループ、力強い業績回復で批判はねのける

SoftBank Answered Critics With a Strong Turnaround.

孫正義会長兼社長に聞く

ESGラウンドテーブルの専門家が選ぶ12銘柄

12 Investment Picks From Our ESG Roundtable Experts

過去1年間でESG投資は主流に

ウーバーとリフトが直面する労働訴訟、コストは数十億ドル規模の可能性

Wall Street Is Looking Past Labor Claims Facing Uber, Lyft.

投資家も注意すべきライドシェア大手の訴訟をめぐるリスク

どっち付かずの市場をどう考えるか

What to Make of the Market’s Messy Week

景気敏感株に傾けるとしてもS&P500指数ではそのウエートが低い

復活するレストラン業界:今選ぶべき銘柄はどれか?

Restaurants Are Back. Which Stocks to Dine Out On.

懸念材料は人件費と食材価格の高騰

FRBが住宅ブーム鎮静化に動いた後に起きること

The Fed Might Start to Act Sooner to Head Off Housing Boom and Bust. What Could Happen

資産購入縮小で住宅市場が混乱する可能性

AT&Tの減配は信奉者に対する裏切りとなろう

For AT&T Believers, Dividend Cut Would Bring Feelings of Betrayal.

メディア事業分離の発表と同時に、2022年の減配の可能性を示唆

今週の予定

A Pharma Start-Up Takes a Crack at Blockbuster Prices.

製薬スタートアップがブロックバスターの薬価に切り込む

読みどころ

2021年5月23日号
ナスダック総合指数が週間ベースで5週間ぶりに反発する一方、NYダウとS&P500指数は2週連続の下落。半導体株が業績発表などを手掛かりに上昇してSOX指数は2.4%高となった。投資家心理に最も影響したのはビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)の急落だ。中国当局の規制強化のニュースが嫌気されてビットコインは30%近い下げとなった。5月もはや最終週を迎える。

1番「推奨銘柄」は通信大手のAT&T<T>だ。同社はワーナーメディアをスピンオフし、メディア大手のディスカバリー<DISCA>と統合すると発表した。AT&Tの株主にとってはこれに伴う減配の方に関心が向かった格好だが、日本にも投資家は多いと聞く。同社の株価は発表後3日間で10%下落、前週末比では7%下落して週を終えた。スピンオフ後の同社の配当利回りは4.6%と試算され、ライバルのベライゾン・コミュニケーションズ<VZ>の4.4%を上回るが、記事ではAT&Tの今後と株価を見通す。

2番「暗号資産」は「乱高下のビットコイン、今後の行方は」だ。ビットコイン市場は二つある。一つは主に証券会社が支配する規制された市場で、もう一つはデリバティブ(金融派生商品)を使用したほぼ規制のない市場で、こちらは莫大(ばくだい)なレバレッジをかけて取引を行うようだ。ただでさえボラティリティーが高いのに、これに高率のレバレッジをかければそのボラティリティーがさらに激しさを増す。相当数の投資家が損失を被ったのではないだろうか?

3番「インタビュー」では、ソフトバンクグループ<9984>の孫正義会長兼社長にズームで話を聞いている。質問は①なぜ人工知能(AI)に力を入れているのか?②ビジョン・ファンドの最近の成功にもかかわらず後悔があるのか?③投資機会を逃した企業とは?④ビジョン・ファンド2では、投資スタイルを変えたのか?④自社株買いにもかかわらず40%のディスカウントだが?―などだ。孫氏は今や時代の寵児(ちょうじ)だ。このインタビュー企画はBarron’sといえども簡単ではなかったと想像する。

4番の「フィーチャー」は「ESGラウンドテーブルの専門家が選ぶ12銘柄」だ。サステナブル投資はもはや容易に無視できる存在ではなく、市場における力としてようやく重視されるようになってきた。現在、米国の運用資産の3分の1はサステナブル原則に従って運用されている。記事は第2回ESGラウンドテーブルで、3人の専門家がサステナブル投資の見通しや有望な銘柄とファンドについて議論した。

5番「フィーチャー」は「ウーバーとリフトが直面する労働訴訟、コストは数十億ドル規模の可能性」だ。記事の始まりは「カリフォルニア州の住民投票で可決された『プロポジション22』は、ウーバー・テクノロジーズ<UBER>やリフト<LYFT>が、ドライバーをフルタイムの従業員ではなく個人事業主として扱い続けることを可能にする。その分類が遡及(そきゅう)的に適用されるかどうかは明らかでなく、この点をめぐり投資家にとっても数十億ドル規模のリスクが存在する」。内容は少し込み入っているのでゆっくり読んでほしい。

7番「フィーチャー」は「復活するレストラン業界:今選ぶべき銘柄はどれか?」。直近の調査では、今や回答者の3分の2がレストランで快適に食事をしていると述べた。また、レストラン予約サービスのオープンテーブルによると、営業中のレストランで着席して食事する客の数は2年前の基準値の92%にまで回復している。レストラン銘柄を選択する際に参考になる現地事情を丁寧に解説している。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. Tesla Earnings Were Great. Why the Stock Is Dropping.
  2. Why Ford Shares Should Return to the Fast Lane
  3. Big Tech Earnings Could Snap Investors’ Euphoria.
  4. Big Investors Are Positioned to Buy Stocks. That’s Good for the Market.
  5. How to Invest in the Metaverse – and Find It.
  6. Then and Now: Will Today’s Roaring ’20s Meet a Similar Fate?
  7. Apple Dodges Widespread Parts Shortage With New Mac and AirPods Launches
  8. Cathie Wood’s ARK Sells More Tesla. She’s Buying This Stock.
  9. This SPAC Is Merging With Trump Media. The Stock Ends the Session 380% Higher
  10. Bitcoin ETFs Are Changing the Game for Cryptos.