weekly magazine

WEEKLYマガジン 2021年10月10日号

ワシントンがウォール街のルールを変える

Washington Is Rewriting the Rules on Wall Street

ポートフォリオを構築する最善の方法は?

テレビは死にかけてはいない

TV Isn’t Dying, and This Broadcaster’s Stock Is Underpriced

グレイは過小評価されている

アクティブ運用ETFがようやく輝き始めた

Active ETFs Finally Start to Shine. What Investors Need to Know.

投資家が知っておくべきこと

ファイザーとバルネバのライム病ワクチンはグラクソの失敗を乗り越えられるか

A Lyme Disease Vaccine From Pfizer and Valneva Will Have to Avoid the Pitfalls of the Past

業界の将来を占う試金石に

天然ガス価格の上昇が石油への燃料転換に拍車を掛ける

How Natural-Gas Prices Could Fuel a Switch to Oil

石油よりも割高に

雇用統計、見掛けは悲惨だが中身はさらに複雑

The Jobs Report Was Ugly. The Details Tell a More Complicated Story.

米国人は求職活動をしないのか

懸念材料を乗り越えて反発

The Stock Market Survived a Scary Week. Can It Survive Earnings Season?

順調とは言えない決算発表シーズンを乗り切れるか

元従業員の内部告発がフェイスブックに与える影響とは?

Facebook’s Problems Have Grown. But the Will to Regulate Hasn’t.

規制強化にはつながらず

米ハイテク企業、サウジアラムコを超えるか

Big Tech, Saudi Oil, And the Pursuit of $100 Billion on Profits

2024年にはフリーキャッシュフロー1000億ドルも

今週の予定

High Energy Prices Will Hit Consumers as well as Producers

エネルギー価格高騰、消費者のみならず生産者にも打撃

読みどころ

2021年10月10日号

カバーは「ワシントンがウォール街のルールを変える」だ。米国が直面する難題は、コロナ対応、経済の成長率鈍化、インフラの老朽化、気候変動、格差拡大などだが、これらは金融政策では対処できない。政治の役割が重要で財政政策が大事だ。記事では直近の政治の動きがマクロ経済に与える影響を分析している。財政出動や増税が株式市場に与える影響はネガティブなものもある。また、対中国とESG(環境、社会、企業統治)でも政治の役割が重要と説き、多くの紙面を割いているが、銘柄への言及は少ない。

3番は「アクティブ運用ETFがようやく輝き始めた」だ。昨年と今年に設定されたETF(上場投資信託)のうち、アクティブ運用ETFは約6割の379本に上る。そしてこれは過去10年のアクティブETFの設定本数を上回る。これまで様子見していた大手運用会社が満を持してアクティブETFに参入している。投資家にとっては手数料の低下と開示の透明性改善で商品の魅力が向上したが、それでもいまだ改善点がある。ところで、この流れが日本の運用業界にも必ずや影響を与えるはずだ。投資家目線で注視したい。

4番「ヘルスケア」ではダニが媒介するライム病ワクチンの開発、5番「エネルギー」では高騰する天然ガスを取り上げている。7番「米国株式市場」では今週から始まる決算発表について書かれているが、直近四半期に比べてアナリストの上方修正が少ないとの指摘あり。8番「ハイテク」は元従業員による内部告発で再びバッシングを受けているフェイスブック<FB>、9番は決算発表を控え、巨額のキャッシュフローを生み出すプラットフォーマーと、これまで世界一だったサウジアラムコ<2222.サウジアラビア>を比べた利益世界一について。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

ランキング

ranking
  1. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  2. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  3. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  4. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  5. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  6. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  9. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.