weekly magazine

WEEKLYマガジン 2021年11月21日号

中国ラウンドテーブル

China’s Transition Is Risky. Here’s How to Navigate the Changes.

変容を乗り切るための銘柄

オプションのデイトレードが過熱

Stock Options Are the New Day-Trading Craze. What It Means for the Marke

市場に心理的な影響

所有せずにビットコインに投資する方法

Want to Bet on Bitcoin Without Owning Any? Try These Stocks.

採掘業者が狙い目

伝統的なファンドに入り込むビットコイン

Bitcoin Is Now Showing Up in Bond, Stock, and Commodity Funds

暗号資産を資産クラスとしてどう定義するか

株式市場、今回の業績発表シーズン中に8%上昇

Stocks Are Up 8% Since Earnings Season Started.

まだ上昇余地はありそう

リビアン株のオプション取引を成功させる方法

It Takes Guts to Play Rivian Options. Here’s How to Do It.

少額投資で大きなリターンの可能性

FRB、内部で量的緩和縮小の加速求める声

Some at the Fed Want Bigger Reduction in Bond-Buying, New Boss or Not

次期議長選任、利上げ開始時期にも市場は高い関心

債券投資にメリットがない理由

Why Bonds Look Like a Bad Bet

低金利環境ではリスク要因に

消費増、成長鈍化の前兆か

Consumers Have Sped Spending as Inflation Surges.

インフレ懸念で防衛行動の可能性

今週の予定

In an Energy Crisis, Coal Remains Unloved but Unmovable

嫌われ者だがしぶとい石炭、エネルギー危機で生き残り

読みどころ

2021年11月21日号

1番カバーは「中国ラウンドテーブル」で、今回が初回の企画だ。参加者は外国株式や中国担当のファンドマネジャー3人とエコノミストが1人だ。直近の中国は習近平国家主席が一層手綱を強く握り、中国の政策の重点を成長から復元力に舵を切っている。この転換が投資家に何を意味するのか? 参加者の焦点は不動産の状況、台湾吸収の可能性、セクター別の変化、そして政府の政策とその関連事項だ。さらに現在見逃されているリスクにも言及する。

2番は個人投資家中心に極めて商いが旺盛なオプション取引についてだ。取引の多くが投機的で極めて短期間に満期を迎える。これが市場の株価形成にどのような影響を与えるのか? 3番はビットコインを保有せずとも、その投資メリットを享受する方法だ。4番は暗号資産に投資するETFや投信銘柄の特徴やリスクを紹介している。6番は電気自動車メーカーのリビアン・オートモーティブ<RIVN>のオプション取引に関する記事だ。日本の投資家は米国の個別銘柄オプションが取引できないのが残念だ。8番では、伝統的なバランス運用のポートフォリオにおいて現状の金利状況では債券に資産配分する意味はなく、むしろパフォーマンスを傷めると書いている。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. This Robot Trader Is Betting on Big Gains for Tesla and Nvidia Stock. It’s Been Right Before.
  2. Why Patient Investors Should Take a Fresh Look at Battered Peloton
  3. Why It’s Time to Invest in Commodities, and How to Do It
  4. These 11 Stocks Expanded Profit Margins—Despite Inflation Pressure
  5. Inflation Is Going Wild. 15 Stocks to Help Tame It.
  6. The Metaverse Is All the Talk at CES. Defining It Isn't Easy.
  7. Snowflake Stock Is Rallying. Barclays Turned Bullish.
  8. Barron’s Stock Picks Fell Short in 2021—Even With a Bunch of Winners
  9. Auto Stocks Have Revved Up on EV Ambitions. Here’s Where They Go Next.
  10. Rate Jitters Sink Stocks, Bonds as 2022 Dawns. What’s Different This Time.