weekly magazine

WEEKLYマガジン 2022年1月2日号

2022年のインカム投資対象ランキング

Barron’s Best Income Investments for the New Year

インカム志向の投資家は幅広い資産に注目すべし

新型コロナウイルス感染症で離職者が増加

Covid Drove Workers to Quit. Here’s Why From the Lone Person Who Saw It Coming.

大量退職を予見していた大学教授に聞く

誰もがフロリダへと向かう

Everyone Is Moving to Florida. What That Means for Financial Advisors.

投資アドバイザーにとっての魅力と課題

2021年、活況を極めた株式市場

The Stock Market Had a Wonderful Year, Even if No One Enjoyed It

インフレと変異株が楽観論に水

2021年、アーク・イノベーションのバブルが弾けた

The ARK Innovation Bubble Popped This Year.

今後10年は小型株が好調か

2021年の振り返りと2022年のセクター展望

After a Rip-Roaring Year, These Stocks Could Be the New Winners

2022年はエネルギー株や小型株に注目

2021年本誌推奨銘柄を振り返る

How the Trader’s 2021 Stock Picks Fared

結果はS&P500指数と同等

オミクロン株の経済への影響、消費者の行動が鍵

Consumer Behavior Holds the Key to Omicron’s Economic Impact

感染拡大も消費者心理は底堅い

2022年はアマゾンを選好

A Wild Year for Tech Leaves Amazon Looking Attractive

2021年の振り返りと2022年に向けて

今週の予定

Tesla and Ark Innovation Shares Moved in Synch. Then They Diverged.

株価がシンクロしていたテスラとアーク・イノベーション、変化の理由は。

読みどころ

2022年1月2日号
カバーストーリーは2022年のインカム投資対象ランキングだ。12のセクターや資産クラスを調査して選好順位を公表している。この低金利で、個人投資家は伝統的な株式60%/債券40%の資産配分の見直しを迫られている。ではどの投資対象に注目すべきか?日本人にも簡単にアクセスできるETFがたくさん紹介されている。

2番「インタビュー」では、米国で続出している退職者についての心理学者の分析を紹介している。就業への価値観が日米では異なる。この記事で米国人の就業意識に理解を深めてほしい。3番は、国内の転居地として人気が高まるフロリダだが、ビジネスの機会を求めて投資アドバイザーもこの地に集まりつつあるという記事。4番は、直近の景況感とは裏腹に投資家はいまだに株式を買っていると書いている。5番と10番はキャシー・ウッド氏率いるアーク社のETFの成績不振についてだ。6番は、昨年の米国株式のパフォーマンスと物色セクターや銘柄。7番では昨年バロンズの「トレーダー」コラムで推奨した銘柄の成績を振り返る。8番はオミクロン株が経済と株価にもたらす影響について。9番はハイテク銘柄のパフォーマンス振り返り。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.