weekly magazine

WEEKLYマガジン 2022年4月17日号

試練のサステナブル投資

Sustainable Investing Failed Its First Big Test. A Reckoning Is Coming.

メインストリームに定着するか、一時的な流行に終わるのか

米国のトップ・ファイナンシャル・アドバイザー

These Are America’s Top 100 Financial Advisors and Teams

最適なアドバイザー選択のポイント

フェデックス、株価上昇への道筋

How FedEx Stock Can Finally Deliver

経営者交代でUPSとの格差縮小に期待

インフレ、QT、ディフェンシブ、反グローバル化が新ファンドのテーマ

This Stock Picker Talks to Taxi Drivers to Figure Out What’s Happening

リサーチ会社ストラテガスのトレナート氏に聞く

今年は「5月に売り逃げろ」が最良の戦略か

‘Sell in May and Go Away’ Could Be the Best Strategy This Year

金融政策にらみ、保守的選択も

ツイッター買収、マスク氏の数字に隠された意味

The Numbers Behind Musk’s Bid to Acquire Twitter

経営陣は警戒、株価は不安定に

米国経済は好調か不調か

Is U.S. Booming or Busting? Hard to Tell.

矛盾する経済指標で難しい見極め

「インターネットの女王」ミーカー氏に聞く最新のハイテクトレンド

How Tech-Trend Guru Mary Meeker Sees the World Now

始まった第4のコンピューター革命ーデジタル通貨は生き残り競争に

利回りの無理な追求は禁物

Stop Stretching for Yield. Consider These 2 Investments Now.

今検討すべき二つの債券投資

今週の予定

Costco Thrives by Mastering Traditional Retailing. Now It’s Challenging Amazon.

小売りの伝統スタイル極めるコストコ、アマゾンに挑む

読みどころ

2022年4月17日
1番カバーは「試練のサステナブル投資」だ。過去数年間で環境・社会・ガバナンス(ESG)ファクターに基づく投資への関心は爆発的に高まった。2021年にプロが運用するESGを掲げた運用資産額は世界全体で46兆ドルに急増して運用資産額全体の約40%を占め、今後も増加が予想される。一方、ロシアのウクライナ侵攻は、この人気の投資トレンドに最初の本格的な試練をもたらしている。従来型のエネルギー株や防衛関連株を回避し、炭素排出量が小さいハイテク株に重点的に投資した結果、多くのESGファンドが第1四半期のリターンがベンチマークに対してアンダーパフォームとなったからだ。ESG投資の課題と今後を探る。

2番は毎年恒例のファイナンシャル・アドバイザー・ランキングだ。賢いアドバイザー選びのポイントとして、運用スキル、プランニングサービスの内容、手数料の把握、アドバイザーの人材の厚みなとを挙げているが、アドバイザーに対する相性の良さ(直感)も大切だと最後に書いている。

3番はフェデックス<FDX>についてだ。同社は同業のユナイテッド・パーセル・サービス<UPS>に比べずいぶんと割安だが、そこに投資妙味があるという。

4番は投資戦略、経済、政策のリサーチ会社、ストラテガス・リサーチ・パートナーズのジェイソン・デセナ・トレナート会長のインタビューだ。トレナート氏は1988年に当時あった証券会社のスミス・バーニーに入社して以来、金融市場に魅せられ、2006年にストラテガスを共同設立した。Barron'sとの付き合いはずいぶんと長い。

5番「米国株式市場」では今年のマーケットはあまり期待できないとして、手堅い投資戦略を紹介。

6番の「投資戦略」は、イーロン・マスク氏が買収を提案したツイッター<TWTR>に関して。マスク氏が提示した買収価格の妥当性や買収の可能性についての見方を紹介。

8番は、1990年代にインターネットのアナリストとして一世を風靡し、今はベンチャーキャピタリストとして活躍するメアリー・ミーカー氏とのインタビューだ。今後の主要投資テーマとして、暗号ブロックチェーンとメタバースを挙げている。

10番では、会員制量販店チェーンのコストコ・ホールセール<COST>とアマゾン・ドット・コム<AMZN>の投資魅力を比較している。ここ12カ月でみると、アマゾンの株価が9%下落しているのに対し、コストコは63%上昇している。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

ランキング

ranking
  1. Bye-Bye, Bear Market? The Worst Could Be Over for Stocks.
  2. Amazon Stock Is Down Big. Get Ready for a Huge Rally.
  3. Here’s How to Maximize Your Wealth Over the Next Decade
  4. Quantum Computing Will Change the World
  5. Borrowing Surge Makes Quick End to Rate Hikes Unlikely
  6. The Next U.S. Energy Revolution Is Here
  7. Stocks Have Already Bottomed. How We Know.
  8. Amazon Is Getting Back to Its E-Commerce Roots. The Stock Should Benefit.
  9. Stocks Are Clawing Their Way Back. Consider These Moves for 2023.
  10. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks