weekly magazine

WEEKLYマガジン 2022年5月1日号

イーロン・マスク氏はツイッターを成功に導けるか

How Elon Musk Can Make Twitter a Financial Success

広告重視からサブスクモデルへ転換も

テスラが抱える「ツイッターリスク」は対処可能

Tesla Stock Can Handle the Twitter Risk

株価下落の今は買い場かもしれない

アルツハイマー病治療薬が重大な試練に直面

Alzheimer’s Drugs Face a Crucial Test

しかし新薬の開発は続く

回復色強まるクルーズ船業界は買い時か

Cruising Is Back. Time for Investors to Take a Plunge?

十分な銘柄の比較検討も必要

「大退職時代」の根本原因

What’s Really Driving the “Great Resignation”

パンデミックを経て、労働者が職場に求めるものとは

1970年代よりも大きな下落

The Stock Market Isn’t Falling Like It Did In the 1970s—It’s Even Worse

1930年代までさかのぼる年初からの大幅安が意味するもの

大手ハイテク企業の決算から読み取る今後のトレンド

This Time, Big Tech Can’t Easily Fix the Market’s Woes

ハードウエア、広告、電子商取引に逆風、クラウドは好調維持

ツイッターより注目すべきは為替市場の混乱

China’s Plunging Yuan Is a Bigger Deal Than Twitter

投資家は他市場への波及の兆候を見逃すな

ソフトランディングはあり得ない

There Will Be No Soft Landing. Why a Recession Is Inevitable.

景気後退が避けられない理由

今週の予定

As Time Passes, and the Weather Warms, Putin’s Power Play in Europe Loses Force

これから暖かくなると、プーチン大統領の欧州への影響力は弱まる

読みどころ

2022年5月1日
1番カバーと2番は、共にイーロン・マスク氏のツイッター<TWTR>買収についてだ。1番ではマスク氏が描くツイッター再建計画の解説や課題を紹介している。2番ではツイッター買収がテスラ<TSLA>にもたらす影響について分析を試みている。

3番フィーチャーは、昨年6月に米食品医薬品局(FDA)から承認されたバイオジェン<BIIB>のアルツハイマー病治療薬「ADUHELM(一般名はアデュカヌマブ)」とその競合薬について。

4番は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で大打撃を受けたクルーズ船運航業界の大手3社について、今後の株価を占っている。この業界は、2020年3月から昨年6月まで運航を停止しなければならなかった。大手3銘柄が負った傷は、今も癒えていない。これら3社とは、カーニバル<CCL>、ロイヤル・カリビアン・グループ<RCL>、ノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングス<NCLH>だ。

5番は「『大退職時代』の根本原因」で、今週の中では私が最も注目した記事だ。パンデミックをきっかけに労働者は仕事と自分自身の関係を大きく見直している。現在はその関係見直しの「大再編時代」にあるというのだ。労働者にとって大切なのは雇用の安定や待遇のみならず雇用の柔軟性だ。また、メンタルヘルスの維持や改善への優先度が高い。働くわれわれにとって切実な課題に対して、大いなる気付きや示唆を与えてくれる。ぜひご一読いただきたい。

6番「米国株式市場」によると、年初4カ月の株価パフォーマンスは1930年代までさかのぼっても最悪の部類になる。ではこのようなむごい相場の後はどう動くのか?

7番は、先週決算発表が終了してマーケットを大きく揺り動かした大手ハイテクの決算から何が読み取れるのかについて。

8番は中国人民元および日本円と米ドルの関係について。後半はユーロについても言及している。

9番は今後の景気に関する分析で、ソフトランディングの難しさに言及している。住宅市場の動向が重要だと説く。

10番は天然ガス価格が急騰しない理由を解説。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

ランキング

ranking
  1. Bye-Bye, Bear Market? The Worst Could Be Over for Stocks.
  2. Amazon Stock Is Down Big. Get Ready for a Huge Rally.
  3. Here’s How to Maximize Your Wealth Over the Next Decade
  4. Quantum Computing Will Change the World
  5. Borrowing Surge Makes Quick End to Rate Hikes Unlikely
  6. The Next U.S. Energy Revolution Is Here
  7. Stocks Have Already Bottomed. How We Know.
  8. Amazon Is Getting Back to Its E-Commerce Roots. The Stock Should Benefit.
  9. Stocks Are Clawing Their Way Back. Consider These Moves for 2023.
  10. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks