weekly magazine

WEEKLYマガジン 2022年6月26日号

中古車販売のカーバナはトラブル山積み

Carvana’s Tower of Troubles.

「運転できない自動車」を販売

割安銘柄を探す

The Market’s Cheapest Stocks Offer Substantial Value.

投資する価値のある8銘柄

スターバックス株の成長軌道復帰を予想する理由

Why Starbucks Stock Could Be Ready to Run.

最悪の材料は出尽くした

市場の不振は利上げの歯止めとなるか

Stocks Break Out. Will Recent Market Declines Restrain the Fed?

ネガティブな景況感に反して先週株価は反発

ケロッグ、会社分割でスナック部門に期待

Kellogg Wants Its Stock to Snap, Crackle, and Pop.

市場は様子見

今回の反発にはやや本格的なものを感じる

The Stock Market’s Rally Is Real. It’s Still a Bear Market.

それでも弱気相場の中での反発局面に過ぎない可能性

ガソリン税停止よりも効果がある政策とは

Gas-Tax Holiday Is a Gimmick. Here Are Some Better Ideas.

急がれる増産

ハイテク株投資に四つのポイント

4 Takeaways From the Barron’s Investing in Tech Conference.

今年のハイテク株投資カンファレンスでの話題

増配企業の探し方

Where to Find Rising Dividends.

配当成長ファンド

今週の予定

he IPO Market Has Gone Cold. Likely to Take Some Time.

低調なIPO市場。動き出すまでにはしばらくかかる模様

読みどころ

2022年6月26日
カバーは「中古車販売のカーバナはトラブル山積み」だ。オンライン中古車販売会社カーバナ<CVNA>をめぐる数々のトラブルを冒頭に紹介したあと、同社の栄光と転落の歴史を辿る。華々しいIPOの後の急成長に続く違法行為の発覚、スタッフの質の劣化、ガバナンスの欠如などのほころびが次々と露呈する。ちなみに株価は昨年8月の高値から10分の1以下だ。日本でも熱気にうなされたようにほれ込んで投資した人がいるに違いない。いまとなっては人騒がせな銘柄だ。投資に際してどういうチェックを怠ったのか、冷静に研究するべきだろう。

2番の「注目銘柄を探す」では、いまの市場で割安な銘柄を探している。結果として住宅建設セクターと鉄鋼セクターに該当銘柄が多い。

3番「注目銘柄」はスターバックス<SBUX>だ。同社の創業者ハワード・シュルツ氏は、直近三度目の最高経営責任者(CEO)に就任した。過去2回の在任期間中はいずれもS&P500指数を大幅に上回る株価パフォーマンスを成し遂げたが、今回はどうだろうか。

5番は、先日会社を三社に分割すると発表したケロッグ<K>だ。確かにこの10数年の株価は目立った上昇を遂げていない。こういう時に経営陣が株主価値の最大化を目指して大胆な選択をする点は、日本企業ではなかなか見られない。

6番の「米国株式市場」では先週の大幅反発の理由探しと今後の相場変動要因を探っている。ただし、今回は“弱気相場の中の小反発”というのがマーケット参加者の総意のようだ。

7番「経済政策」は、バイデン大統領が提案しているガソリン税の停止案をめぐる話題だ。この提案には否定的な論調だが有効な手立てはあるのか?

8番「ハイテク」ではBarron’sが6月23日に主催した「ハイテク株投資バーチャルサミット」から注目トピックを紹介している。

9番「インカム投資」では配当利回りで買える銘柄や投信、ETFを比較検討している。この相場局面では高利回り銘柄を選ぶべきか、それとも注目すべきは配当成長銘柄か?

10番前段のコラムはIPO市場だ。今年に入ってからずいぶん低調で、前年同期比の74%減だ。その中にも明るい話題が少しはあるという。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. The Stock Market Finally Understands What’s Coming
  2. Why the Dollar Could Be on Its Way to a Record Year
  3. Netflix and Disney+ to Wade in With Ads
  4. Short-Term Bonds Yield 4%. Why They Could Beat Cash.
  5. Bulls Get Scorched by FedEx. Don’t Expect The Fed to Help.
  6. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  7. Forget a Fed Pivot. Rates Will Stay High as Inflation Persists.
  8. Here Are the Top Independent Financial Advisors.
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Cathie Wood’s ARK Sees a Huge Jump in EV Sales Coming. Cost Is the Key.