weekly magazine

WEEKLYマガジン 2022年8月7日号

GEの分社化は買いの好機

GE’s Looming Breakup Means It’s Time to Buy the Stock

3部門の合計価値、時価総額上回る

買い時のペイパル株

PayPal’s Stock Is Battered. It’s Time to Buy.

株価下落、物言う投資家の関与、戦略変更が好材料

あなたにお薦めのロボアドバイザーはこちら

The Best Robo-Advisor for You: Barron’s Annual Ranking

第6回ロボアドバイザー・ランキング

台湾問題、リスク高まるハイテク投資家

Taiwan Is in the Spotlight. The Risk to Tech Investors Grows.

ペロシ米下院議長の歴史的訪台で

景気後退期に向けた投資

How to Invest for the Coming Recession

ニューバーガー・バーマンのサルツマン氏に聞く

強い雇用統計も株式相場は急落せず

July’s Strong Jobs Report Didn’t Crush the Market. What to Look for Next.

金利上昇によるバリュエーション低下と企業業績の綱引き

ワイヤレスに追い風、大手通信株に期待

The Big Three Wireless Stocks Are Seeing a Growth Surge.

新領域が分け目か

広告事業への本格参入うかがうアップル

Advertising Is Still Going Strong. Apple Wants In.

独自のプラットフォーム構築へ始動

「ドクター・ドゥーム」、今日の市場を語る

What ‘Dr. Doom’ Says About Today’s Markets

40年前との違い

今週の予定

Rates on Bank Deposits Are Nearly Zero. Here Are Some Options

銀行預金金利がほぼゼロの中、他の選択肢を紹介

読みどころ

2022年8月7日(日)

1番「カバー」は複合企業のゼネラル・エレクトリック(GE)<GE>について。かつて米国最高の企業とも称されたGEに昔日の面影はなく、ここ数年は事業売却によるバランスシートの修復が続いていた。このGEは最終的に残った3部門である航空宇宙部門、エネルギー部門、ヘルスケア部門に3分割されるという。記事では各部門を個々に評価してその時価総額を合計している。結果は現在の時価総額よりも大きくなっているため、現在のGEは「割安」との結論だ。その是非はともかく、あのGEでも株主のために会社分割で消滅するという米国の資本主義の徹底には、感じ入るものがある。

2番の「注目銘柄」ではペイパル<PYPL>を取り上げている。高値から約3分の1近くまで下落したペイパル株だが、枝葉の事業を停止して経費節減と財務規律の徹底で復活を図る同社には、物言う株主であるエリオット・マネジメントも最近ペイパル株を取得したという。

3番の「フィーチャー」はロボアドバイザーのランキング。新たなテクノロジーを利用した新機能を追加してパーソナライズできることが重要だという。ランキングそのものよりも、日進月歩の業界で重要視される機能やマーケティング手法が参考になりそう。

4番「フィーチャー」では先週大きく注目された台湾問題を、半導体の観点から取り上げている。銘柄としては台湾積体電路製造(TSMC)<TSM>の重要性が論じられているが、中国にとってもハイテク産業の安定は重要なはずだ。

5番の「インタビュー」ではニューバーガー・バーマンのバリュー株運用のマネジャーであるイーライ・サルツマン氏に聞いている。バリュー株ファンドの中で好成績を残すサルツマン氏のファンドの上位保有はエクソンモービル<XOM>やファイザー<PFE>。株価上昇のきっかけとなるカタリストに注目しているという。他の銘柄もインタビューの中で紹介されている。

7番「投資戦略」は大手通信株。米国では最近、モバイル通信の契約者数が人口増加率より速く増えているという。増加の背景の一つとしてポストペイド方式への乗り換えが挙げられているが、割安状態にある通信株は買いの好機だろうか。

8番「ハイテク」はアップル<AAPL>の広告事業参入について。アップルが最近出した求人広告から広告事業への参入が示唆されるという。アップルから広告事業に関するコメントは拒否されたようだが、参入が実現すると競争優位性が発揮され、他社には脅威となりそうだ。

9番「コラム」は、名門証券会社だったソロモン・ブラザーズにチーフエコノミストとして在籍していたヘンリー・カウフマン氏の電話インタビューの内容。同氏は我々世代には伝説的な人だが、現在の金融政策に関して、同氏が活躍していた1980年代と比較して論じている。

10番「経済関連スケジュール」のコラムは、銀行預金金利について。ネット銀行など、より金利の高い銀行を紹介している。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  3. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  4. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  5. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  6. The Fed Raises Rates by 0.75 Point, Flags Higher Peak Than Expected
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.