weekly magazine

WEEKLYマガジン 2022年8月14日号

減量薬が大ヒットする可能性

Weight-Loss Drugs That Actually Work. They Could Be Blockbusters

多様な疾患を予防

流動性リスクがある7銘柄

7 Companies at Risk of Liquidity Squeeze

現金残高が不足し、業績も悪化傾向にある企業

中国は超大国と新興国市場の両面を併せ持つ

China Is a Superpower and an Emerging Market

アリアンツ・グローバル・インベスターズのメゾンヌーブ氏に聞く

インデックスファンドが衰退する可能性

Commentary: Why Index Funds Could Fade

マイナス要素をよく理解することが重要

弱気相場に安らかな眠りを。兆候は買い増しを指し示す

R.I.P., Bear Market. For Now, Signs Point to More Buying

サマーラリーは続き、好材料が並び、民主党にも追い風

株式市場はインフレがピークを付けたように反応

The Market Is Acting Like Peak Inflation Is Over. Not So Fast.

インフレが早く収まったという前提の投資はリスクが大きい

原子力発電の意外な将来性

Nuclear Power Has a Surprising Future

デューク・エナジーCEOのビジョン

半導体株への投資を諦めるな

Don’t Give Up on Chip Stocks-There Are Bargains to Be Had

株価が下落した今、割安な優良銘柄は豊富

インフレは根強く構造的

Inflation Is Sticky, Structural and Hard to Solve. The Party is Premature.

勝利宣言は時期尚早

今週の予定

Tesla Readies a 3-for-1 Stock Split for Aug. 24

テスラ 、1対3の株式分割へ

読みどころ

2022年8月14日(日)

1番「フィーチャー」はヒット間違いなしとされる減量薬に関する記事だ。「これまでさまざまな種類のダイエット、サプリメント、エクササイズが流行したが、ついに安全で効果的な減量薬が誕生しようとしている」。米国に限らず世界には肥満の人がいかに多いか、記事を読んで改めて驚いた。開発しているノボ・ノルディスク<NVO>とイーライリリー<LLY>にとっては史上最大のヒット薬となる可能性があるようだが、投資対象としてはどちらが有望か?興味津々の内容だ。

2番は「流動性リスクがある7銘柄」だ。金利上昇と与信市場の逼迫(ひっぱく)でバランスシートが脆弱(ぜいじゃく)な企業が苦境に陥っている。スクリーニングされた銘柄は、クルーズ会社のロイヤル・カリビアン・グループ<RCL>やパーティー関連グッズメーカーのパーティー・シティ・ホールドコ<PRTY>などだ。

3番「インタビュー」で登場するのは、アリアンツ・グローバル・インベスターズのグローバル最高投資責任者(CIO)であるビルジニー・メゾンヌーブ氏だ。彼女はパリに住んでいた5歳の頃から中国に興味を持っており、中国語の学位を取得し、投資家になり、世界中で働くようになった。中国への深い思い入れが感じられる。

4番「フィーチャー」は、インデックスファンドが隆盛を極める昨今のマーケットでインデックスファンドのマイナス面を指摘している。私にはどれもへ理屈のように思えるが、皆さんはどう感じるだろうか?

5番「コラム」は復調してきたマーケットに「支援材料は多い」とポジティブな投資姿勢を強調。中間選挙については大方の見方とは反対に民主党の意外な健闘を予想するマネジャーの意見を紹介。

6番「米国株式市場」は今後も高いインフレ率が続きそうだと慎重なスタンス。

7番「投資戦略」は米国最大の原子力発電事業を運営するデューク・エナジー<DUK>の事業の紹介だ。安定した株価と配当利回りが魅力だ。

8番「ハイテク」は半導体銘柄のアップデートだ。先週、画像処理半導体のエヌビディア<NVDA>とメモリー半導体大手のマイクロン・テクノロジー<MU>が業績予想を引き下げた。関連銘柄の株価は軒並み下落したが、ここに投資の好機があるという。

9番「経済政策」では、インフレは根強く構造的でしかも長期に継続すると予想。それは現在のインフレには労働力、エネルギー、信頼の三つの不足が影響しているからだという。

10番「経済スケジュール」ではテスラ<TSLA>の1対3の株式分割を取り上げている。8月25日には前日の3分の1の価格で取引開始となる。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

ランキング

ranking
  1. Bye-Bye, Bear Market? The Worst Could Be Over for Stocks.
  2. Amazon Stock Is Down Big. Get Ready for a Huge Rally.
  3. Here’s How to Maximize Your Wealth Over the Next Decade
  4. Quantum Computing Will Change the World
  5. Borrowing Surge Makes Quick End to Rate Hikes Unlikely
  6. The Next U.S. Energy Revolution Is Here
  7. Stocks Have Already Bottomed. How We Know.
  8. Amazon Is Getting Back to Its E-Commerce Roots. The Stock Should Benefit.
  9. Stocks Are Clawing Their Way Back. Consider These Moves for 2023.
  10. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks