weekly magazine

WEEKLYマガジン 2022年8月28日号

水不足、世界経済の脅威

How Water Scarcity Threatens the Global Economy.

新たな投資機会にも

アルコアが割安で買い

Alcoa Could Win the Aluminum Wars. The Stock Is a Bargain.

「アルミ戦争」の勝者か

水事業に熱視線

6 Water Stocks for an Increasingly Thirsty World.

ダナハーなど6銘柄

Tモバイル、移動体通信トップに

T-Mobile Has Replaced Verizon Atop the Wireless World. It’s Time to Buy.

EPSに大幅成長の余地

ジャクソンホール会議、好材料にあらず

The Stock Market Finally Heard Powell’s Message. It Won’t Be Pretty.

株価は大幅安

FRB議長、タカ派姿勢貫く

Fed Chief Talks Tough on Inflation. Stocks Listen and Fall Sharply.

株価に一段の試練も

FRB議長、インフレ退治を最優先

Powell’s Policy Point: Inflation Must Be Beat, and It Won’t Be Pretty.

財政政策に逆行の動きも

エヌビディア株、下落続く

Nvidia Stock Is Down 40% This Year. Don’t Expect a Quick Turnaround.

早期回復は懐疑的

天然ガスが高騰

Natural Gas Soars on Russian Supply Cuts.

欧米とロシアが「エネ戦争」

今週の予定

Stocks in September Have Often Struggled.

「株安の9月」、良いニュースも?

読みどころ

2022年8月28日(日)

1番「カバーストーリー」は「水不足、世界経済の脅威に」だ。2000年以降、1980年代および1990年代と比べて干ばつが発生する頻度と期間が29%増大した。また1998年から2017年にかけて、干ばつによって世界で約1240億ドルの経済的損失が生じた。今後、社会や経済のあらゆる活動で水の存在はこれまで以上に意識せざるを得ない。テスラ<TSLA>やインテル<INTC>の“水”事情が興味深い。

2番「注目銘柄」はアルミ専業のアルコア<AA>だ。株価は56ドル前後で3月の98ドルから43%下落している。2022年予想1株当たり利益(EPS)は7.68ドルで予想株価収益率(PER)は7倍強だ。株価は下落のあと戻しているが、ここからまだ期待できる。

3番「フィーチャー」は「水事業に熱視線」だ。水はビジネス的には石油よりもはるかに小さいが、注目度は高まっている。紹介銘柄は上場投資信託(ETF)であるバータス・リーブス・ユーティリティーズETF<UTES>の他、アメリカン・ウオーター・ワークス<AWK>などだ。

4番「注目銘柄」はTモバイルUS<TMUS>だ。4Gの時代はベライゾン・コミュニケーションズ<VZ>が移動体通信業界の勝ち組だった。それが高速大容量通信規格「5G」に移行すると、Tモバイルが頭角を現してきた。AT&T<T>を含む3社の詳細なアップデートだ。

5番「米国株式市場」、6番「コラム」はパウエルFRB議長の発言で急落した株式市場を多角的に解説、分析している。

7番「経済政策」では、労働市場の逼迫(ひっぱく)は簡単に解消しないことを強調しつつ、学生ローン免除政策がインフレ抑制にとって逆効果になるとの分析が目を引いた。

8番「ハイテク」は3カ月間でガイダンスを3度引き下げたエヌビディア<NVDA>だ。暗号資産の見通しが不透明で業績悪化に歯止めがかからない。アドバンスト・マイクロ・デバイシズ<AMD>が次世代グラフィックカードで競合相手になるかもしれない。業績の好転について楽観的になるのは時期尚早だという。

10番「経済スケジュール」前半のコラムは「株安の9月」だ。9月にマーケットで波乱が起きやすいのは過去の記録でも経験則でも確認されている。そして、今年の9月の株安はもう始まっている?
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

ランキング

ranking
  1. Our Roundtable Pros Scoured the Market. Here Are 26 of Top Stock Picks.
  2. Barron’s Stock Picks Beat the Market in 2022. Here’s Our Report Card.
  3. Stocks and Bonds Are Sending Different Messages. One Is Wrong.
  4. Gold’s Awakening May Make Investors Sleep Less Soundly
  5. Ferrari Is a Luxury Stock. Here’s Why It Looks Like a Buy.
  6. Netflix Stock Is On Fire. Here Are the Takeaways From Its Earnings.
  7. Why Tech Layoffs Aren’t Alarming Economists—Yet
  8. Good News for Nvidia, AMD, and Qualcomm—Barclays Is Bullish on Chips Again
  9. Here’s Why the Founder of Thoma Bravo Is Still Buying.
  10. The Fed and the Markets Disagree on Wages and Inflation