weekly magazine

WEEKLYマガジン 2022年12月4日号

住宅市場の大幅な冷え込み

A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.

来年はさらなる低迷の恐れ

住宅関連株は低迷するも既に反発の兆しあり

Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.

ワイルドカードはFRB

小型株は大幅上昇へ。ホリデーシーズン向けお買い得12銘柄

Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.

厳しい状況が続いてきた小型株だが、今後は大型株を何年も上回るとの見方も

アッヴィの株価はヒュミラの懸念を乗り越えて上昇

AbbVie Stock Has Climbed a Wall of Humira Worry.

新薬成長でまだ買い場

一流のプロが選ぶヘルスケア4銘柄

This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.

PGIMジェニソン・アソシエイツのポートフォリオマネジャーに聞く

FRBはインフレ抑制のために労働市場に打撃を与えなければならない理由

The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.

FRBの利上げにもかかわらず、労働需要は緩和していない

ハイテク株にとってのもう一つの悪い兆候

Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading

クラウド支出の勢いが衰えている

ウォール街で評判の悪いティー・ロウ・プライスは買い時か

Wall Street Isn’t Fond of T. Rowe Price, but Maybe You Should Be.

市場回復による反発に期待

株価上昇は続くが、弱気相場が終わったわけではない

Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.

ホリデーシーズン前に、この上昇局面で利益を確定するべき

今週の予定

The Murky Pricing Math Behind Europe’s New Oil Sanctions

EUによる新たな原油制裁、価格の行方は不透明

読みどころ

2022年12月4日(日)
1番「カバーストーリー」は大幅な冷え込みが予想される住宅市場だ。インフレによる住宅価格の高騰や住宅ローン金利の上昇で販売件数が大きく落ち込んでいる。さらに、来年には住宅価格が下落するかもしれない。ただし住宅需要の減少は消費者物価指数(CPI)の上昇圧力を弱める可能性を意味する。今後のインフレそして金利動向を占う上でも欠かせない記事だ。

2番「フィーチャー」では住宅関連銘柄の下落と現時点の投資価値を分析し、懸念材料や投資タイミングについて解説している。銘柄はDRホートン<DHI>、レナー<LEN>、NVR<NVR>などだ。

3番「フィーチャー」は小型株と小型株指数のETFに対する投資魅力だ。今後、大きな上昇余地があり大型株指数を大きくアウトパフォームする可能性があるという。では、何がそれほど魅力的なのか?いくつかの有望な銘柄にも言及している。

4番「注目銘柄」はバイオ医薬品会社のアッヴィ<ABBV>の買い推奨だ。免疫抑制薬、ヒュミラが同社の売り上げをけん引してきたが特許失効に直面している。ただし他の有力商品がその落ち込みを補う。そして同社のファンダメンタルズを勘案すれば十分に買いの余地があるという。

5番「インタビュー」はPGIMジェニソン・アソシエイツのポートフォリオマネジャーが推奨するヘルスケア銘柄だ。注目はイーライリリー<LLY>や医療保険会社ユナイテッドヘルス・グループ<UNH>だ。直近の医薬品業界のアップデートと新潮流の理解に有用な記事だ。

6番「経済政策」は、表題の「FRBはインフレ抑制のために労働市場に打撃を与えなければならない理由」がずばりその内容だ。

7番「ハイテク」は、販売およびマーケティング向けクラウドソフトウエアのリーダーであるセールスフォース・ドットコム<CRM>の失望的な決算発表に関連した、クラウドソフトウエア業界に対する慎重な見方。

8番「投資戦略」では過去10年で運用資産額を3倍に増やしたティー・ロウ・プライス・グループ<TROW>を取り上げ、9番「米国株式市場」では依然として相場に対する楽観をいさめている。10番「経済スケジュール」のコラムは、EUによるロシアへの新たな石油制裁措置についてだ。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

ランキング

ranking
  1. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks
  2. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  3. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  6. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  9. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  10. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading