weekly magazine

WEEKLYマガジン 2021年7月25日号

旅行業界は感染者数急増という大きな試練に直面

With Cases on the Rise, Travel’s Rebound Faces a Big Test

割安な旅行関連株6銘柄を紹介

旅行は世紀の大回復へ

Airbnb’s Brian Chesky Sees a ‘Travel Rebound of the Century

エアビーアンドビーのチェスキーCEOに聞く

コロナ変異株拡大、経済回復のリスクに

Rising Covid Cases Put the Recovery at Risk

感染対策の扱いが焦点

ロビンフッドのIPO迫る

The Robinhood IPO Is Coming Soon. Steer Clear.

投資家はくれぐれも慎重に

2021年の注目の年金保険商品100種

The 100 Best Annuities for Today’s Market

退職後のポートフォリオに組み込むなら

大手ハイテク企業を保有せず大きく上昇したファンド

This Fund Delivers Big Gains Without Big Tech

「投資の極楽」を求めて

NYダウ、初の3万5000ドル台乗せ

The Dow Just Hit 35,000. Why Monday’s Selloff Didn’t Prove Fatal.

急落が致命的でなかった理由

過熱する住宅市場、FRBが加熱で悪化

The Fed Is Making an Overheated Housing Market Worse

需要旺盛も株価は不振

ネットフリックスがモバイルゲーム参入

Netflix Opens a New Front in the Streaming War.

既存ストリーミングゲームサービスの脅威に

今週の予定

Musk Tweets That Tesla Will Share Its Charging Network.

テスラが充電ネットワークを他社EVに開放する意向

読みどころ

2021年7月25日
先週月曜日は主要指数が急落した。新型コロナウイルスのデルタ変異株のまん延が株式市場の下落材料になると投資家が判断したからだ。しかし、その後は強い上昇基調が続いた。ダウ工業株30種平均は前週末から1.1%上昇して3万5000ドル台に乗せた。S&P500指数は2.0%高、ナスダック総合指数は2.8%高で、3指数とも史上最高値で引けた。前週に急落したラッセル2000指数も2.1%高だった。

1番「カバーストーリー」は「旅行業界は感染者数急増という大きな試練に直面」だ。クルーズ船業界やホテル、レジャー業界は一旦回復軌道が定着したと思った投資家は多い。しかしデルタ変異株がこれを阻止している。政府が再び行動制限を課すのではないかという懸念が広がっているのだ。今回の危機再燃が各業界にどのような影響を与えるのか?記事では銘柄選別が重要だとして、アナリストへの取材を基に旅行・レジャーセクターの推奨銘柄6本を紹介している。

2番「インタビュー」は民泊仲介サイト大手、エアビーアンドビー<ABNB>の最高経営責任者(CEO)へのインタビュー記事だ。同社は新型コロナウイルスの発生で一時存続さえ危ぶまれた。しかし、わずか数カ月後には新規株式公開(IPO)に成功した。現在の株価は今年2月の高値から下げてはいるが時価総額は800億ドルを超える。当時の経営判断を振り返ることで同社の危機対応が学べる記事だ。

3番「フィーチャー」は、先週から脅威が鮮明になったデルタ変異株のリスクを取り上げている。感染拡大の新たな波の到来により、短期的には経済の回復見通し後退に直面しているようだが、株価は上昇している。今後数日で明らかになるデータによってその答えが出始める可能性がある。

4番「IPO」は、7月29日にIPOが予定されているロビンフッド・マーケッツ<HOOD>の話題だ。同社が目論見書で予測した時価総額350億ドルには賛同するが、その後の成長には懐疑的だ。もちろん同社の手数料ゼロというビジネスモデルは革新的だが、それでもこのバリュエーションが維持できるのだろうか。日本でも人気が出るだろう。だから余計にじっくり読んでほしい。

5番「年金保険」は「2021年の注目の年金保険商品100種」だ。今年に入り年金保険市場に資金が流入している。退職を控えた投資家が増税、インフレ、過熱する株式市場と低い債券利回りなどの問題に直面し、従来の株式と債券ポートフォリオに代わる投資手法を求めているからだ。記事では投資家の属性に基づき、さまざまなカテゴリーの中から競争力の高い年金保険を100種類選んでいる。

7番「米国株式市場」の最後が面白い。今年の7月は第5金曜日があるが、これは1950年以降で31回目だ。その場合の金曜は約3分の2の確率でマーケットは下落している。S&P500指数の平均下落率は0.7%、下落した場合の下落率の中央値は1.3%だ。これでまた、土曜日の朝にマーケットを確認する楽しみが増えた。

9番「ハイテク」は「ネットフリックスがモバイルゲーム参入」がビッグニュースな理由だ。同社は先週の決算発表時に動画ストリーミングサービスにモバイルゲームを加えると発表した。投資家はこの目立たない発表を気に掛けなかった代わりに、加入者純増数の成長率ガイダンスが再び予想を下回ったことに注目した。

10番「経済スケジュール」のコラム欄はテスラ<TSLA>の話題だ。イーロン・マスクCEOは7月21日に、グローバルで2万5000以上ある同社の充電ネットワークを他社のEVも利用できるようにするとツイートした。これに関して関係者の好意的なコメントを紹介している。ちなみに決算発表は7月26日(月)の引け後だ。
【編集人】川田 重信
大和證券入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。ペインウェバー(現UBS)証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. With Cases on the Rise, Travel’s Rebound Faces a Big Test
  2. Rising Covid Cases Put the Recovery at Risk
  3. Airbnb’s Brian Chesky Sees a ‘Travel Rebound of the Century
  4. The Dow Just Hit 35,000. Why Monday’s Selloff Didn’t Prove Fatal.
  5. This Fund Delivers Big Gains Without Big Tech
  6. Buy This Stock. It’s a Bet on Clean Water.
  7. Musk Tweets That Tesla Will Share Its Charging Network.
  8. The New Thing in Batteries Isn’t for EVs. Think Wind Power.
  9. Don’t Look Now, but Tesla Is a Mature Business
  10. The Robinhood IPO Is Coming Soon. Steer Clear.